FC2ブログ

郡山城跡(こおりやまじょうあと)

郡山城跡へ。近鉄橿原線近鉄郡山駅から歩いて5分位です。

追手向櫓(1987年復元)と追手門(梅林門、1983年復元)です。
P1150880_convert_20130219222649.jpg

櫓や門の中で盆梅展が行われています。(2013年2/2~3/10)
P1150893_convert_20130219223115.jpg

天守郭(左)と毘沙門郭(右)です。
P1150914_convert_20130220143307.jpg

天守郭の中に柳澤神社があります。
P1150897_convert_20130219223306.jpg

本殿です。「萬穣」(奈良県大和郡山市中谷酒造)の菰樽がありました。
P1150901_convert_20130219223554.jpg
<柳澤神社(やなぎさわじんじゃ)>大和郡山市城内町2-18
祭神は徳川綱吉の側用人柳澤吉保。1880年創建。

天守台です。落石など危険なので立ち入り禁止になっていました。
P1150903_convert_20130219223908.jpg
北側の石垣に「さかさ地蔵」があります。
P1150906_convert_20130219224019.jpg P1150905_convert_20130219224051.jpg
豊臣秀長が城を増築する際、周辺の寺院から石をかき集めて積み上げたため、地蔵が逆さまに積まれています。

<郡山城跡(こおりやまじょうあと)>奈良県大和郡山市城内町
1580年筒井順慶が館を築き豪族たちを平定。1585年豊臣秀長が兄秀吉の命を受け入城。以後、水野、松平、本多氏等徳川譜代の居城となったが、1724年柳澤氏が入城、明治維新まで栄えた。

城跡を出て、旧城下町へ。
P1150917_convert_20130219224339.jpg
古い街並みも一部残っていますが、開発が進んでいます。

中谷酒造に行ってみようかと思ったのですが、ずいぶん離れていた(約3キロ)のであきらめて、なら泉勇齋へ。(後日報告)
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)