FC2ブログ

皇居(こうきょ)一般参観 その3

東京都千代田区の皇居 一般参観の続きです。

s-DSC02005.jpg
蓮池濠(はすいけぼり)を過ぎると宮内庁庁舎があります。1935年建築で、1952年~1969年までは3階を仮宮殿として使用していたそうです。

宮内庁庁舎正面から下ると坂下門があります。
s-DSC02006.jpg

皇居の外側から見た坂下門はこんな感じ
s-DSC01928.jpg

宮内庁庁舎から進むと宮殿東庭(きゅうでんとうてい)に続きます。
s-DSC02008.jpg
写真上にあるのが長和殿(ちょうわでん)で、奥に正殿(せいでん)、表御座所など7棟の建物があり、まとめて宮殿(きゅうでん)とよばれています。宮殿は1964年に起工し1968年に落成しています。

長和殿です。
s-DSC02010.jpg
一般参賀でベランダに天皇皇后両陛下がお出ましになる場所です。御即位一般参賀が5/4に行われますが、大混雑になることでしょう・・。

別の角度から見た長和殿です。
s-DSC02017.jpg
長さは160mあります。

長和殿に向かって右手奥にある豊明殿(ほうめいでん)です。
s-DSC02043.jpg
大きな饗宴が催されるときに使う宮殿だそうです。

長和殿に向かって左手奥から、千草・千鳥の間が見えます。
s-DSC02039.jpg

宮殿東庭から中門へ進みます。
s-DSC02038.jpg

中門出ると正門鉄橋(せいもんてつばし)に続きます。
s-DSC02036.jpg

皇居外側から見た正門鉄橋です。
s-DSC01942.jpg
堀が深いので江戸時代には橋桁を上下二重に組み橋の上に橋を作っていた形だったので二重橋とよばれていました。現在は鉄橋になったので二重橋ではなくなりましたが、正門石橋(せいもんいしばし)と合わせて通称・二重橋とよばれています。

その4に続きます。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)