FC2ブログ

皇居(こうきょ)一般参観 その2

東京都千代田区の皇居 一般参観の続きです。

s-DSC01986.jpg
窓明館(そうめかん)では皇居や参観コースについて説明があります。

説明終了後、参観スタート。
s-DSC01987.jpg
窓明館から出ると右手に旧枢密院庁舎が見えます。枢密院は天皇の諮問機関でしたが、1947年に日本国憲法が施行され廃止されています。建物は1921年完成で国会議事堂のモデルになった建物といわれています。現在は皇宮警察本部庁舎になっています。

桔梗門(ききょうもん)脇の石垣です。
s-DSC02062.jpg

石垣には、石を持ってきた大名の印が刻まれたものがあります。
s-DSC02063.jpg

石垣を過ぎて左手に曲がり進むと富士見櫓(ふじみやぐら)が見えてきます。
s-DSC01993.jpg
江戸城旧本丸の東南隅に位置する櫓で、1659年再建です。石垣の高さは14.5mで加藤清正が作ったといわれています。

別の角度から見た富士見櫓です。
s-DSC01997.jpg
どこから見ても同じ形に見えるので「八方正面の櫓」ともよばれています。江戸時代は品川の海や富士山が見えたそうです。

富士見櫓の近くには給油所があります。
s-DSC01992.jpg

偶然にも菊の紋が入った車が給油に。
s-DSC02061.jpg

富士見櫓から進むと蓮池濠(はすいけぼり)が見えます。
s-DSC02056.jpg
蓮池濠は長さ400mあり、深さは80cmだそうです。7~8月にはハスの花が咲くそうです。

蓮池濠の石垣の中ほどに富士見多聞があります。
s-DSC02055.jpg
多聞は防御と装飾を兼ねて設けられたもので、倉庫や武器庫として使用されていたそうです。

その3に続きます。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)