FC2ブログ

酒蔵訪問 辰馬本家(たつうまほんけ)酒造 前編

兵庫県西宮市の辰馬本家酒造へ、行ってきました。

s-DSC04557.jpg
1662年創業で、代表銘柄は「黒松白鹿(くろまつはくしか)」です。写真は本社ビル(写真右)と六光蔵(ろっこうぐら)です。

本社ビルの東に建つ乾蔵です。
s-DSC04555.jpg

乾蔵の北に建つ戎蔵です。
s-DSC04554.jpg
一般の蔵見学は行われていませんが、毎年10月頃に「白鹿特別酒蔵見学会」の案内がリリースされ12月~3月に実施されるほか、2月に蔵開きが行われ蔵見学会が行われています。見学は六光蔵で、すぐに定員がいっぱいになってしまいます。

白鹿記念酒造博物館・酒蔵館があります。
s-DSC04318.jpg
1982年に創業320周年記念事業として開館し、レンガ造りの酒蔵(1892年建築)を利用した酒蔵館と記念館がありましたが、1995年の阪神淡路大震災で記念館は残ったものの酒蔵館は全壊、1998年に再オープンしています。

門を入ると前庭があります。
s-DSC04319.jpg
菰樽が置かれ、「黒松白鹿」の黒松が植えられています。入館料は一般400円(税込)で酒蔵館・記念館とも見学できます。

酒のお土産が付いています。
s-DSC05595.jpg
黒松白鹿 生貯蔵酒 ご来館記念ボトル
<データー>吟醸酒、精米歩合60%、アルコール分13~14度

酒蔵館です。
s-DSC04327.jpg
戦災や震災でも残った1869年建築の辰馬本家本蔵を改装したものです。

酒蔵館入口前にある撥つるべ(はねつるべ)です。
s-DSC04326.jpg
井戸の水を汲むのに使われていたものです。

後編に続きます。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)