FC2ブログ

酒蔵訪問 大澤本家(おおさわほんけ)酒造 前編

兵庫県西宮市の大澤本家酒造へ、行ってきました。

s-DSC04471.jpg
1770年に堺(大阪府堺市)で創業、1945年に戦災で酒蔵が焼失しますが、1953年に神戸市灘区で再興、1954年に現在地へ移転しています。代表銘柄は、「寳娘(たからむすめ)」です。写真は阪神淡路大震災でも倒壊を免れた木造酒蔵です。

蔵の煙出し(けむりだし)です。
s-DSC04472.jpg
灘五郷(なだごごう、兵庫県西宮市・神戸市東灘区・灘区の酒造地域)で築50年以上の木造酒蔵で醸造しているのはここだけです。

ショップがあります。
s-DSC04352.jpg

軒先には杉玉が吊るされています。
s-DSC04354.jpg

ショップ内の様子です。
s-DSC04355.jpg
有料試飲(1杯200円(税込))も可能です。

大澤一慶さんに蔵を案内していただきます。
s-DSC04357.jpg
大澤一慶さんは杜氏で10代目を継ぐ予定です。蔵見学は事前に連絡し日にちが合えば可能です。(冬季のみ)

蔵の入口にある神棚です。
s-DSC04363.jpg
酒の神・松尾大神の御札などがまつられています。

米に一定量の水吸わす浸漬機(しんせきき)です。
s-DSC04362.jpg

蒸した米を冷ます放冷機です。
s-DSC04365.jpg
蒸米の作業はすでに終えていて、ビニールカバーが被せられています。

蔵の3階部分にある製麹室(せいぎくしつ=麹室(こうじむろ))です。
s-DSC04382.jpg
麹を造るため温度や湿度が管理できる部屋になっています。

製麹室内の様子です。
s-DSC04381.jpg

後編に続きます。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)