FC2ブログ

住吉(すみよし)神社

神戸市灘区の住吉神社へ、行ってきました。

s-DSC05222.jpg
創建の詳細は不明ですが、当地の大石は、元は生石(おいし)とよばれ神をまつる氏族が住んでいて。1681年に大石浜の海中で御神体が発見され、社殿を建て航海の安全を守る神としてまつったと伝えられています。写真は1998年に再建された鳥居です。

神戸市灘区の敏馬(みぬめ)神社の御旅所になっています。
s-DSC05227.jpg
敏馬神社はこちら → 敏馬神社 過去記事

鳥居を入って進むと注連柱(しめばしら)があります。
s-DSC05223.jpg
祭事の際には注連縄を張るのでしょうか。

注連柱から参道を進むと左手にある手水舎です。
s-DSC05224.jpg

手水舎にある井戸です。
s-DSC05225.jpg

手水舎から参道を進むと正面に拝殿・本殿があります。
s-DSC05226.jpg
阪神淡路大震災で倒壊し2002年に再建されたものです。主祭神は天照皇大神(あまてらすおおみかみ)で、住吉三神(すみよしさんじん、表筒男神(うわつつおのみこと)、中筒男神(なかつつおのみこと)、底筒男神(そこつつおのみこと))を配祀しています。

拝殿手前にある石燈籠です。
s-DSC05231.jpg
灘西郷酒造組合(現在は灘五郷酒造組合に統合)が奉納したものです。

拝殿手前左手に与謝蕪村の句碑があります。
s-DSC05229.jpg
「畑打ちの 目にはなれずよ 摩耶が嶽」と刻まれているようです。

本殿裏にまつられている神です。
s-DSC05235.jpg
写真右は彦九郎大明神がまつられていますが、左は読めなかったです・・。

<住吉神社(すみよしじんじゃ)>神戸市灘区大石南町1-1-20
阪神大石駅から徒歩約10分、JR摩耶駅から徒歩約20分


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)