FC2ブログ

本薬師寺跡(もとやくしじあと)

奈良県橿原市の本薬師寺跡へ、行ってきました。

s-DSC03925.jpg
680年に天武天皇が皇后(後の持統天皇)の病気治癒のために発願して薬師として創建し、698年頃に伽藍が完成しますが、710年の平城遷都により移築されたと伝えられています。(諸説あり) 奈良市西の京にある薬師寺と区別するため本薬師寺といわれているようで、写真の石碑は「史跡元薬師寺阯」と「元」になっていますがどちらとも記されるようです。

694年に遷都された藤原京(写真中央)の南西部に位置しています。
s-DSC03920.jpg
写真左下が伽藍があった部分です。(案内パネルを撮影したものです。

金堂の基壇部分跡です。
s-DSC03929.jpg
周囲一帯は特別史跡に指定されています。

現在は堂が一つあり、阿弥陀如来像などが安置されています。
s-DSC03928.jpg

堂の手前にある礎石です。
s-DSC03921.jpg
金堂の礎石で、15個が残されています。

礎石の近くには庚申がまつられています。
s-DSC03931.jpg

金堂の基壇部分から西を見た様子です。
s-DSC03933.jpg
写真中央に少しだけ盛り上がっている部分が西塔基壇跡で、その奥に見える山は畝傍山(うねびやま)です。休耕田にはホテイアオイが植えられていて8~10月には青紫色の花が満開にあるそうです。

<本薬師寺跡(もとやくしじあと)>奈良県橿原市城殿町279
近鉄畝傍御陵前駅東出口から徒歩約8分


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)