FC2ブログ

諏訪(すわ)神社 前編

岐阜県下呂市の諏訪神社へ、行ってきました。

s-DSC01626.jpg
1328年にこの地に造営された真勝寺の鎮守として諏訪上社(諏訪大社上社(長野県諏訪市))を勧請したのが始まりとされています。その後、1514年に諏訪下社(諏訪大社下社(長野県諏訪市))を勧請しています。写真は一の鳥居です。

一の鳥居から参道を進むと二の鳥居があります。
s-DSC01629.jpg

二の鳥居手前、右手には堀と石垣が見えます。
s-DSC01642.jpg
1585年に飛騨一国を与えられた金森長近が、佐藤秀方に萩原諏訪城を築城させたとされています。(諸説あり)神社は別地に遷されますが、1709年に城跡に戻されています。

二の鳥居からの参道の様子です。
s-DSC01637.jpg

参道を進むと右手にある手水舎です。
s-DSC01620.jpg

参道正面にある拝殿です。
s-DSC01643.jpg

拝殿奥にある本殿拝所です。
s-DSC01650.jpg

本殿です。
s-DSC01664.jpg
向かって左が諏訪下社から勧請された八坂刀売命(やさかとめのみこと)をまつる本殿、右が諏訪上社から勧請された建御名方富命(たてみなかたとみのみこと)をまつる本殿で、間に神明社があります。

拝殿の手前、参道左手にある天神社(天満神社)があります。
s-DSC01644.jpg

天神社(天満神社)です。
s-DSC01649.jpg

後編に続きます。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)