FC2ブログ

正暦寺(しょうりゃくじ)菩提酛清酒祭(ぼだいもとせいしゅまつり) その3

奈良市の正暦寺で行われた「菩提酛清酒祭」の続きです。

s-DSC03476.jpg
米が蒸しあがり、甑(こしき)にかぶせていた布を取ります。

蒸米の状態は「ひねりもち」を作って確認します。
s-DSC03561.jpg
蒸米の硬さ・弾力・伸び・手ざわりを確認したり、光に透かして斑点が出る生蒸しがないかを見たりします。

出来上がった「ひねりもち」を確認しています。
s-DSC03563.jpg

「ひねりもち」はその後、蔵人のおやつになります!
s-DSC03564.jpg
「ひねりもち」を焼いて焼き餅に。

見学者にも「ひねりもち」の焼き餅がお裾分けされます。
s-DSC03501_201901160948137cc.jpg

甑から蒸米を取り出します。
s-DSC03496.jpg

むしろの上に運んで広げます。
s-DSC03498.jpg

どんどん、広げて冷まします。
s-DSC03510.jpg

約25℃になるまで冷ます予定なのですが、気温が高くなかなか冷めません・・。
s-DSC03521.jpg

ようやく、目指した温度になり運びます。
s-DSC03542.jpg

タンクに投入!
s-DSC03545.jpg
この後、正暦寺菩提酛酵母を投入して櫂入れ。菩提酛(酒母)が無事に出来上がる祈祷が行われます。室温や品温を管理し2019年1/22に完成予定、出来上がった菩提酛を各蔵(8蔵)が持ち帰り醸造します。

その4に続きます。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)