FC2ブログ

松江城(まつえじょう) 後編

島根県松江市の松江城の続きです。

s-DSC00237.jpg
一の門を入って正面にある天守です。1611年落成で、全国に現存する12天守の1つで千鳥城ともよばれています。2012年に「慶長十六年」(1611年)と記された祈祷札2枚が発見され、築城年代が明確になったことなどから国宝に指定されています。

地下に展示されている鯱鉾(しゃちほこ)です。
s-DSC00239.jpg
製作年代は不明ですが、1950年代の解体修理まで天守最上部にあったものです。

地下にある井戸です。
s-DSC00242.jpg
深さ24mで常時飲料水が得られたそうです。天守内部に井戸があるのは現存天守で唯一です。

1階部分です。
s-DSC00244.jpg
天守を支える柱は、2階分を貫く通し柱が数多く使用されています。また、芯になる柱材を複数の厚い板で覆う集成材になっています。

2階部分です。
s-DSC00249.jpg
天守は4重5階、地下1階です。

3階部分です。
s-DSC00252.jpg

4階部分です。
s-DSC00258.jpg

5階部分です。
s-DSC00261.jpg

5階から見た南方向です。
s-DSC00266.jpg
写真右奥に見えるのは宍道湖(しんじこ)です。

南東側から見た天守の様子です。
s-DSC00275.jpg

<松江城(まつえじょう)>島根県松江市殿町1-5
松江城 公式ページ
大手木戸門跡まで、一畑電車松江しんじ湖温泉駅から徒歩約17分、JR松江駅からレイクラインバスで大手前バス停下車すぐ


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)