FC2ブログ

白鶴錦(はくつるにしき)稲刈りイベント 前編

神戸市東灘区の白鶴酒造が「白鶴錦 稲刈りイベント」を開催し、参加しました。

s-20181021.jpg
白鶴酒造では毎年、「田植えイベント」と「稲刈りイベント」を実施しています。事前応募制で抽選に当選すると参加することができます。

神戸市役所前(神戸市中央区)からバスに乗り出発!
s-DSC01794.jpg

約90分で兵庫県多可郡多可町の東安田地区に到着。
s-DSC01795.jpg
明治初めにこの地に住んでいた山田勢三郎が偶然に大粒の稲(山田穂(やまだぼ))を見つけ酒米として評判になり、さらに1923年に兵庫県立農事試験場で山田穂と短稈渡船(たんかんわたりぶね)を掛け合わせて山田錦が誕生(1936年命名)していることから「山田錦発祥の里」とされています。

まず初めに白鶴酒造の方から挨拶。
s-DSC01796.jpg
白鶴錦は、山田錦と兄弟品種を作る試みを行い、8年目の2003年に米が誕生、2007年に品種登録が受理され、同年、「超特撰 白鶴 純米大吟醸 白鶴錦」が数量限定で発売されています。現在では「十四代(じゅうよんだい)」(山形県村山市高木酒造)、「作(ざく)」(三重県鈴鹿市清水清三郎商店)など白鶴酒造以外の蔵(約10社)でも使用されています。

生産者の方に鎌の使い方などを教わります。
s-DSC01801.jpg

いよいよ田圃へ。
s-DSC01808.jpg

見事な稲穂をつけた白鶴錦です。
s-DSC01813.jpg

鎌でザクザクと刈っては束ねます。
s-DSC01822.jpg

稲架(はさ)に掛けて天日干しを行います。
s-DSC01819.jpg

きれいに稲刈りを行うことができました。
s-DSC01827.jpg

後編に続きます。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)