FC2ブログ

安倍晴明(あべせいめい)神社

大阪市阿倍野区の安倍晴明神社へ行ってきました。

P8180254_convert_20130824085911.jpg
1007年創建で、現在は近くにある安倍王子(あべおうじ)神社の末社です。

手水舎です。清明水とよばれるお清めの井戸です。
P8180255_convert_20130824090033.jpg

本殿までの参道です。
P8180256_convert_20130824090438.jpg

本殿です。祭神は安倍晴明です。陰陽師で有名です。
P8180258_convert_20130824090551.jpg
1925年竣工で、戦時中、焼夷弾が落ちたにもかかわらず爆発せず被災を免れました。

安倍晴明の像です。944年に、この地で誕生したといわれています。
P8180257_convert_20130824090509.jpg

「安倍晴明誕生の地」の石碑と「産湯井の跡」です。
P8180259_convert_20130824090720.jpg

葛之葉(くずのは)の絵が描かれた石碑です。
P8180260_convert_20130824090812.jpg
葛之葉子別れ伝説で、昔、阿倍保名(やすな)という人が、信太の森で狩人に追われていた白狐を助けます。白狐は恩返しに女の人になって保名の所へ来ます。女は葛之葉と名乗り2人は結婚、晴明神社のある辺りに住みます。子供が生まれますが、ある時、この子が母の影に狐の姿を見ます。狐であることを知られた葛之葉は、障子に「恋しくば尋ね来てみよ 和泉なる信太の森の恨み葛之葉」という和歌を書いて信太の森に帰ります。保名は子を連れて信太の森に行くと、葛之葉が現れて子に知恵の玉を授けます。この子が安倍晴明です。

<安倍晴明神社(あべせいめいじんじゃ)>大阪市阿倍野区阿倍野元町5-16
安倍晴明神社公式ページ

歩いて5分ほどにある史跡・松虫塚(まつむしづか)です。
P8180263_convert_20130824090909.jpg
後鳥羽天皇に仕えた白拍子・松虫、鈴虫姉妹が住んでいたところと言われています。

阪堺電車松虫駅近くから見える「あべのハルカス」です。
P8180267_convert_20130824091030.jpg
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)