FC2ブログ

清涼寺(せいりょうじ) その2

京都市右京区の清涼寺の続きです。

s-P1130570.jpg
渡り廊下から見た本堂裏の庭園です。(11月中旬に撮影したものです)

庭園内にある弁天堂です。
s-P1130567.jpg
江戸末期頃に建築されたものと考えられています。

弁天堂に向かって左手の庭園の様子です。
s-P1130566.jpg
写真中央に見えるのが十三重石塔で忠霊塔とよばれています。

書院の庭園です。
s-P1130575.jpg
写真中央奥に見えるのが本堂です。

仁王門を入って右手に愛宕権現社があります。
s-IMG_9188.jpg
奈良時代の僧・慶俊僧都(けいしゅんそうず)が愛宕権現を鷹峯(たかがみね、京都市北区)から愛宕山上(愛宕神社、京都市右京区)に移す際に、初めここにまつったといわれています。

愛宕権現社です。
s-IMG_9190.jpg

愛宕権現社に向かって左手にある弥勒多宝石仏です。
s-IMG_9191.jpg
背面に多宝塔が刻まれています。鎌倉時代前期作と考えられていますが、平安時代の僧・空也作とも伝えられています。

愛宕権現社に向かって左手にある一切経蔵です。
s-IMG_9184.jpg
江戸時代中期建立です。

一切経蔵内にある輪蔵です。
s-IMG_9186_20180816094324a64.jpg
一回転させると一切経を読んだのと同じ功徳があるといわれています。

輪蔵の奥にはさらに経蔵があります。
s-IMG_9187.jpg

その3に続きます。


日本酒ランキング
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)