FC2ブログ

宝厳院(ほうごんいん) その2

京都市右京区の宝厳院の続きです。

s-IMG_9064.jpg
さらに「獅子吼の庭(ししくのにわ)」を進んでいくと建物が見えてきます。

茶室「無畏庵(むいあん)」です。
s-IMG_9078.jpg
「無畏」とは、「恐れることなく法を説く事」という意味だそうです。大正時代の建物を修復したものです。

「無畏庵」に向かって右手にある「無礙光堂(むげこうどう)」です。
s-IMG_9070.jpg
永代供養堂ともよばれています。

「無礙光堂(むげこうどう)」に向かって右手に進むと本堂に着きます。
s-IMG_9067_20180813104725f22.jpg
2008年建築です。本尊は、十一面観音菩薩像です。

本堂内の襖絵です。(堂内は撮影禁止、案内パネルを撮影したものです)
s-IMG_9079.jpg
田村能里子(たむらのりこ)画伯筆による「風河燦燦 三十三自在」と題された襖絵で58面あります。本堂拝観には別途拝観料(500円)が必要です。

本堂から続く書院です。(非公開)
s-IMG_9073.jpg

書院です。
s-IMG_9089.jpg

本堂前にある十三重石塔です。
s-IMG_9072.jpg

同じく本堂前にある亀石です。
s-IMG_9074.jpg

その3に続きます。


日本酒ランキング
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)