FC2ブログ

宝厳院(ほうごんいん) その1

京都市右京区の宝厳院へ、行ってきました。

s-IMG_9050.jpg
天龍寺(京都市右京区)の塔頭寺院で、1461年に室町幕府の管領・細川頼之が聖仲永光(せいちゅうえいこう)禅師を開山に迎え創建しています。応仁の乱で焼失、天正年間(1573~1591年)に再興されますが、明治時代に天龍寺塔頭の弘源寺内に移転、2002年に現在地(旧塔頭寺院跡)に移転しています。

左手に山門がありますが、まずは右手のモミジのトンネルに。
s-IMG_9105.jpg
青モミジもいいです!

モミジのトンネルを進んでいくと左手に門があります。
s-IMG_9107.jpg
こちらの門はいつも閉まっているようです。

門の前で振り返った様子です。
s-IMG_9109_20180811150455135.jpg
再びモミジのトンネルを通って山門に向かいます。

山門です。拝観受付はここにあります。
s-IMG_9051.jpg
「宝厳」と書かれた扁額がかかっています。

門を入って振り返った様子です。
s-IMG_9053_20180811150449762.jpg
普段は非公開で、春と秋に特別公開が行われています。
次回の公開は2018年10/6~12/9です。

山門から通路を進みます。
s-IMG_9054_20180811150451392.jpg
写真右手の垣根は宝厳院垣とよばれています。

垣根の先には庭園が広がります。
s-IMG_9056_2018081115300787b.jpg
広さ約12,000㎡あり、「獅子吼の庭(ししくのにわ)」とよばれています。「獅子吼」とは「仏が説法する」という意味だそうです。

丸い石で表されている苦海です。
s-IMG_9059.jpg
写真左下の石が「舟石」といわれ、対岸に渡って進む様子があらわされています。

「舟石」です。
s-IMG_9058_20180811153008368.jpg

対岸にある「三尊石」です。
s-IMG_9060.jpg
三尊は、釈迦・文殊菩薩・普賢菩薩です。

その2に続きます。


日本酒ランキング
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)