FC2ブログ

高津宮(こうづぐう) その3

大阪市中央区の高津宮の続きです。

s-IMG_7855_20180702170032b98.jpg
拝殿に向かって左手奥にある神輿庫です。戦災で唯一焼失を免れたもので、宝暦年間(1751~1764年)建築です。

神輿庫入口天井には瓦製の龍が!
s-IMG_7908.jpg

神輿庫の前にある「高台之頌碑(たかきやのしょうひ)」です。
s-IMG_7865_2018070217003304f.jpg
仁徳天皇は高殿(高津宮)から民の竈から煙が上がっていないのを見て、民の窮乏を察し年貢の徴収を3年間禁止します。3年後、民の竈から煙が上がるのを見て喜び「高き屋に のぼりて見れば 煙り立つ 民の竈は 賑わいにけり」と詠み、さらに3年間年貢の徴収を行いませんでした。

神輿庫に向かって右手奥にある比売古曽(ひめこそ)神社です。
s-IMG_7871_201807021700383f8.jpg
豊臣秀吉の大阪城築城の際に、高津宮が比売古曽神社があった場所に遷座し、比売古曽神社を地主神として摂社としています。

比売古曽神社です。
s-IMG_7873.jpg

比売古曽神社の鳥居近くにある「郡戸(こうと)王子推定地」の石碑です。
s-IMG_7870.jpg
熊野古道沿いにある九十九王子(くじゅうくおうじ)の3番目が比売古曽神社とする記述が残っています。

本堂の裏手にある仁徳庭園です。
s-IMG_7881_20180702170042472.jpg

その4に続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)