FC2ブログ

龍福寺(りゅうふくじ) 後編

山口市の龍福寺の続きです。

s-IMG_6658.jpg
本堂に向かって左手にある龍福寺資料館です。大内義隆画像、書状、瓦などが展示されています。

資料館入口左手にある大内義隆像です。
s-IMG_6659.jpg

参道左手にある地蔵像です。
s-IMG_6660.jpg

参道左手にある子育。水子地蔵尊です。
s-IMG_6662.jpg

参道左手にある大内義隆主従の供養塔です。
s-IMG_6664.jpg
写真右の宝篋印塔(ほうきょういんとう)は大寧寺(たいねいじ、山口県長門市)にある義隆の墓を原寸大に複製したもので、十三重石塔は義隆に従って戦死した忠臣等の供養のために建立したものです。

山門を入って左手にある宝現霊社です。
s-IMG_6668.jpg
大内氏の祖、琳聖太子(りんしょうたいし)から31代の大内義隆に至る歴代をまつる社で、龍福寺の鎮守として建立されています。

宝現霊社に向かって右手にある豊後岩です。
s-IMG_6666.jpg
大内氏は歴代政庁をこの地に置き、来訪の客をもてなすため、当時は珍しい蘇鉄を植え、豊後の国(大分県)から岩を船で運び邸前に壮麗な築庭を造りました。大内氏滅亡後は荒廃して豊後岩だけが残り往時の跡を残しています。ほぼ境内全域が大内氏館跡として国の史跡に指定されています。

<龍福寺(りゅうふくじ)>山口市大殿大路119
JR山口駅から山口市コミュニティバスで八坂神社前バス停下車徒歩約5分、JR上山口駅から徒歩約9分

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)