FC2ブログ

松尾大社(まつのおたいしゃ) その3

京都市西京区の松尾大社の続きです。

s-IMG_7279.jpg
拝殿に向かって右手にある社務所です。庭園や神像館の拝観受付を行っています。

社務所に向かって左手にある神使の庭です。
s-IMG_7240.jpg
松尾大社の神使である亀と鯉を用いて作庭しています。

社務所に向かって左手から北末社に進みます。
s-IMG_7267.jpg
北末社の相殿です。写真左が三宮社、右が四大神社(しのおおかみのやしろ)です。

相殿に向かって左手奥に北末社の滝御前(たきごぜん)があります。
s-IMG_7275.jpg

滝御前です。
s-IMG_7271.jpg
水神で万物生成発育を司る神・罔象女神(みづはのめのかみ)をまつっています。

滝御前の奥にある霊亀の滝(れいきのたき)です。
s-IMG_7270.jpg
黄色い丸印で囲んだのは天狗岩です。天狗は見えるでしょうか。丸印内中央左あたりが鼻、鼻のすぐ下が口です。

北末社の手前右手にある亀の井(かめのい)です。
s-IMG_7278.jpg

霊泉・亀の井です。
s-IMG_7276.jpg
亀の井の水を酒に混ぜると腐敗しないといわれています。延命長寿、よみがえりの水としても有名です。

北末社の相殿に向かって右手に祓所があります。
s-IMG_7266.jpg
松尾山の磐座(いわくら)登拝の際に心身を清めます。磐座への登拝は2人以上、カメラ・ビデオの持ち込み禁止(撮影禁止)、飲食禁止などの定(約束事)があり、許可を受けた後、参拝することができます。(登拝初穂料1,000円、2回目以降500円)


磐座登拝の入口にある鳥居です。
s-IMG_7264.jpg
2017年10月の台風21号で倒木があり磐座登拝ができない状況でしたが、2018年4/16から再開されています。

入口の鳥居から見た磐座登拝への参道です。
s-IMG_7265.jpg
こんな感じの道を約25分ほど進むと磐座(巨大な岩石)があり、社殿祭祀以前に神をまつっていた場所を参拝することができます。

その4に続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)