FC2ブログ

太陽の塔 後編

大阪府吹田市の太陽の塔の続きです。

s-IMG_6959.jpg
太陽の塔背面から少し進むと地下に降りる階段があり、太陽の塔ミュージアムへ続きます。

太陽の塔ミュージアム入口です。
s-IMG_6963.jpg
入館料は大人700円ですが、万博記念公園自然文化園の入園料が別に250円必要で、合計950円になります。

太陽の塔ミュージアムのロゴマークです。
s-IMG_6962_20180418102319f57.jpg

入口で貰ったパンフレットです。
s-IMG_7489.jpg
館内の撮影は禁止されています。受付から進むとまず、復元された第4の顔「地底の太陽(太古の太陽)」があります。プロジェクションマッピングで映像が映し出されます。

「地底の太陽(太古の太陽)」です。(パンフレットを撮影したものです)
s-IMG_7492_201804181016257f9.jpg
当時の物は、万博終了後、兵庫県の美術館に運ばれましたが、その後、行方不明になっているそうです。

太陽の塔内部にある「生命の樹(せいめいのき)」です。(パンフレットを撮影)
s-IMG_7485.jpg
10~15人が1グループとなり順々に上の方へ階段を上がって見学します。壁面のヒダのようなものは、コンサートホールにある音響効果を高めるもので、当時からあったそうです。樹の幹には生物の模型があり、ほとんどが復元されたものですが、一部当時のままのものがあります。約20分ほどで上部(5層)まで進み、帰りは別のらせん階段で下ります。(障がい者や高齢者用のエレベーターが設置されています)

万博当時の太陽の塔です。
s-IMG_7493.jpg
右腕部分(向かって左)にエスカレーターが設置され、大屋根部分につながって出口になっていたそうです。左腕部分は一度も使われませんでしたが、非常階段があり大屋根につながっていたそうです。腕の内部に入ることはできませんが、見学はできます。

チューリップの花園から見た太陽の塔です。
s-IMG_6982.jpg

チューリップの花園も見事!
s-IMG_7003.jpg

「The Legacy of EXPO’70」の展示が2018年7/3まで行われています。
s-IMG_6946.jpg
万博記念公園自然文化園内のEXPO'70パビリオンで開催されています。(大人400円、常設展とセットで入館料大人500円)

<太陽の塔(たいようのとう)>大阪府吹田市千里 万博公園1-1
太陽の塔 公式ページ
大阪モノレール万博記念公園駅から徒歩約10分 阪急山田駅から徒歩約30分

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)