FC2ブログ

高天寺 橋本院(たかまでら はしもといん) 前編

奈良県御所市の高天寺 橋本院へ、行ってきました。

s-IMG_6209.jpg
高天寺は奈良時代初め、元正天皇の勅命により行基(ぎょうき)が開基しています。鑑真が住職に任命されるなど格式の高い大寺院でしたが、南北朝時代に戦乱で焼き払われ一院だけ残ったのが橋本院です。

山門の手前にある駐車場入り口には万葉歌碑があります。
s-IMG_6210.jpg
「葛城(かつらぎ)の高間(たかま)の草野(かやの)早知りて 標刺(しめさ)さましを 今そ悔しき」と刻まれています。「高天原の若菜に早く気付いていれば、摘まれないよう標を刺しておいたのに」という意味のようですが、「高天の里に美しい娘さんがいたことをもっと早く知っておれば、命の限り抱きしめたのに。残念、すでに人妻になってしまっていた」という解釈もあります。

駐車場入り口には「史跡 高天原(たかまがはら)」の石碑もあります。
s-IMG_6213.jpg
古事記では神々の生まれ出る場所とされています。

山門手前から見た高天原の風景です。
s-IMG_6221.jpg
写真中央が白雲峯(しらくものみね)です。

駐車場から参道を進みます。
s-IMG_6214.jpg

山門です。
s-IMG_6220.jpg
橋本院は、知る人ぞ知る花の寺です。

山門を入って右手には厄除け十三仏が並んでいます。
s-IMG_6235.jpg

厄除け十三仏に向かって左手にある護摩堂です。
s-IMG_6224.jpg
護摩堂の手前には修行弘法大師像があります。

山門を入って左手にある大師堂です。
s-IMG_6222.jpg

山門を入って正面には庫裏・書院があります。
s-IMG_6226.jpg

後編に続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)