FC2ブログ

六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)

京都市東山区の六道珍皇寺へ行ってきました。

P7170123_convert_20130805163342.jpg
「第38回京の夏の旅」で2013年9/30まで特別公開中です。(8/1~8/19は拝観中止)

門前の「六道の辻」の石碑と山門です。
P7170122_convert_20130805163439.jpg
この世とあの世の境の辻といわれ、冥界への入口とも信じられていました。

山門をくぐると右手に収蔵庫(薬師堂)があります。
P7170149_convert_20130805164409.jpg
本尊の薬師如来坐像(平安時代、重要文化財)が安置されています。

篁(たかむら)堂(閻魔(えんま)堂)です。
P7170148_convert_20130805164523.jpg
小野篁卿立像と小野篁作の閻魔大王坐像、弘法大師像が安置されています。

鐘楼です。8/7~8/10に精霊を迎えるために、この寺に参詣する風習があります。
P7170143_convert_20130805164618.jpg
「六道まいり」といわれています。

精霊を迎えるために「迎え鐘」を撞きます。
P7170144_convert_20130805164651.jpg
写真中央下の縄を引いて撞きます。鐘の音は冥土まで届くと信じられています。

本堂です。薬師三尊像が安置されています。
P7170141_convert_20130805164946.jpg
寺宝の地獄絵「熊野観心十界図」や「幽霊画」なども公開されています。

本堂の背後には書院があります。
P7170139_convert_20130805165123.jpg

書院から庭に下り、小野篁が冥土へ通ったといわれる井戸を見ることができます。
P7170134_convert_20130805165247.jpg
近年発見された、冥土からの帰路に使ったとされる「黄泉がえりの井戸」も見学できます。

冥土への入口「冥土通いの井戸」です。(庭に下りての撮影は禁止です)
P7170130_convert_20130805165404.jpg
「黄泉がえりの井戸」は、庭に奥にあるため撮影できません・・。

<六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)>京都市東山区大和大路通四条下ル4丁目小松町595
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)