FC2ブログ

石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)

京都市八幡市の石清水八幡宮へ行ってきました。

P7170246_convert_20130805140944.jpg
京阪八幡市駅から男山ケーブルで男山山上駅へ。

西ケーブル参道を進みます。
P7170249_convert_20130805140808.jpg

途中にある「エジソン記念碑」です。
P7170252_convert_20130805141116.jpg
エジソンは、男山付近で採取した真竹でフィラメントを作り白熱電球を完成させました。

三の鳥居です。一の鳥居、二の鳥居は山の麓にあります。
P7170255_convert_20130805141247.jpg

一ツ石(ひとついし)です。
P7170256_convert_20130805141431.jpg
かつては競馬の出発地点で、勝負石とも呼ばれる勝運の石です。

石灯籠が並ぶ参道の先に、南総門が見えてきました。
P7170257_convert_20130805141601.jpg

南総門の手前に菰樽が積まれています。
P7170261_convert_20130805141649.jpg
伏見の酒が多いですが、「旭日(きょくじつ)」(滋賀県愛知郡愛荘町藤井本家)、「千福(せんぷく)」(広島県呉市三宅本店)など京都以外の樽もあります。

南総門です。
P7170262_convert_20130805141801.jpg

今回の目的はコレ。「夏の夜間特別拝観」。
P7170263_convert_20130805141924.jpg
2013年8/31まで行われています。

楼門です。楼門の奥に舞殿・幣殿・本殿と続きます。
P7170265_convert_20130805142110.jpg

楼門に向かって右手に回ると本殿拝観受付があります。
P7170269_convert_20130805142212.jpg
残念ながら、本殿内の撮影は禁止。神職の方が30分位かけて、丁寧に案内してもらえます。

ライトアップされた信長塀です。
P7170285_convert_20130805142624.jpg
織田信長寄進と伝わり、瓦と土を幾重にも重ることで耐火・耐久力に優れていたそうです。

ライトアップされた楼門です。
P7170290_convert_20130805142508.jpg

<石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)>京都府八幡市八幡高坊30
859年、奈良大安寺の僧・行教和尚が宇佐八幡宮で神託を受け、清和天皇の命により造営。祭神は、応神天皇、神功皇后、比咩大神(ひめおおかみ)の3柱。都の裏鬼門(西南)を守護する王城鎮護の神、伊勢神宮に次ぐ国家第二の宗廟として崇敬される。
石清水八幡宮公式ページ
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)