FC2ブログ

矢田寺(やたでら)

京都市中京区の矢田寺へ、行ってきました。

s-IMG_3381.jpg
845年に奈良県大和郡山市の矢田寺の別院として五条坊門(下京区)に創建されたと伝えられています。その後、寺地を転々とし1579年に豊臣秀吉の区画整理で現在地に移っています。通称「矢田地蔵」の名で知られています。

本堂です。
s-IMG_3385.jpg
本尊は、地蔵菩薩像(矢田地蔵)です。開山の満慶(まんけい)が閻魔大王に地獄を見せてもらった際に、炎が煮えたぎる鉄釜の中に一人の僧侶が鉄釜の中にいる罪人を助けている様子を見つけ、その僧侶の姿を彫ったものと伝わっています。人々の苦しみを代わってくれる代受苦地蔵(だいじゅくじぞう)ともよばれています。また、その様子を描いた紙本著色矢田地蔵縁起(室町時代作)は重要文化財です。(京都国立博物館寄託)

本堂前にある梵鐘です。
s-IMG_3387.jpg
京都ではお盆の時期に先祖を迎えるため六波羅珍皇寺(東山区)で「迎え鐘」を撞き、8月16日に先祖が無事に冥土に戻れるように「送り鐘」としてこの鐘を撞くそうです。

本堂に向かって左手にある大日堂です。
s-IMG_3384.jpg

本堂に向かって右手にまつられている石仏群です。
s-IMG_3383.jpg

<矢田寺(やたでら)>京都市中京区寺町通三条上ル天性寺前町
京都市営地下鉄京都市役所前駅から徒歩約5分、京阪三条駅から徒歩約6分

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)