FC2ブログ

葛城一言主(かつらぎひとことぬし)神社 前編

奈良県御所市の葛城一言主神社へ、行ってきました。

s-IMG_3166.jpg
創建の詳細は不明ですが、雄略天皇が葛城山中で狩りをしていた時に、天皇と同じ姿をした一言主神(ひとことぬしのかみ)が現れ、天皇が何者と問うと、「私は善事も悪事も一言で言い放つ神である」と答えたとされ、その地に雄略天皇と一言主神をまつったと伝えれられています。写真は一の鳥居です。

一の鳥居から4分ほど歩くと二の鳥居があります。
s-IMG_3165_20171230103339393.jpg

二の鳥居をくぐってすぐ左手にある蜘蛛塚(くもつか)です。
s-IMG_3164.jpg
神武天皇との戦いに敗れた豪族(先住民)を捕らえ、怨念が復活しないように頭、胴、足を分けて埋めたといわれています。

二の鳥居からの参道です。
s-IMG_3162_2017123010333651f.jpg

二の鳥居から100mほどで境内へ。
s-IMG_3133_201712301033280f1.jpg

祓戸(はらえど)社です。
s-IMG_3134.jpg
本殿参拝の前に、お参りし身を清めます。

祓戸社からは石段が続きます。(石段上部からの様子です)
s-IMG_3156_20171230103335201.jpg

石段を上り左手にある拝殿を挟んで奥にある祓戸社です。
s-IMG_3138_201712301033324f6.jpg

拝殿です。
s-IMG_3135.jpg
祭神は、葛城之一言主大神(かつらぎのひとことぬしのおおかみ)と幼武尊(わかたけるのみこと=雄略天皇)です。どんな願いでも一言だけ聞いてくれる神で「一言(いちごん)さん」として親しまれています。

拝殿に向かって右手にも蜘蛛塚があります。
s-IMG_3144_20171230103333d65.jpg

後編に続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)