FC2ブログ

京の冬の旅 金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)

通称「くろ谷さん」と呼ばれている金戒光明寺へ行ってきました。
幕末に京都守護職を務めた会津藩主・松平容保(かたもり)が本陣を構えた寺で新選組誕生の地です。

今回の特別公開では、御影堂、大方丈・庭園のほか、大河ドラマ「八重の桜」の主人公・新島八重直筆の書や会津藩ゆかりの寺宝が展示されています。
P1150262_convert_20130215112411.jpg

山門(1860年再建)は修復中で、今秋竣工予定です。
P1150263_convert_20130215112458.jpg
楼上正面に後鳥羽上皇宸筆の「浄土真宗最初門」の勅願が掲げられていますが、修復で外され御影堂に展示され、間近で見ることができました。

御影堂(1944年再建)です。
P1150264_convert_20130215112602.jpg
宗祖法然上人75歳の坐像や吉備観音(平安時代、重要文化財)などが安置されています。

大方丈(1936年再建)と庭園です。
P1150273_convert_20130215134831.jpg
大方丈では、襖の開閉で見え方の変わる虎の襖絵や、見る角度によってメタボからスリムに変化する虎の襖絵がありました。

法然上人の生涯を石で表現した紫雲の庭です。
P1150270_convert_20130215112833.jpg

阿弥陀堂(1605年再建)です。
P1150266_convert_20130215112713.jpg
本尊の阿弥陀如来は恵心僧都最終の作で「ノミおさめ如来」と称されています。

三重塔(1634年、重要文化財)です。徳川秀忠の菩提を弔うため建立されました。
P1150285_convert_20130215113248.jpg
塔内に中山文殊(日本三大文殊の一つ)を安置していたが、現在は御影堂に移されています。

三重塔に行く途中でこんな石仏が!
P1150287_convert_20130215113354.jpg

境内にある会津藩墓地に建っている「会津藩鳥羽伏見戦死者慰霊碑」
P1150291_convert_20130215114105.jpg

<金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)>京都市左京区黒谷町121
1175年、比叡山を出た法然が、この地の禅房を譲り受け念仏道場としてことが創建。1862年京都守護職がここに置かれた。
金戒光明寺公式ページ
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)