FC2ブログ

若桜(わかさくら)神社

奈良県桜井市の若桜神社へ、行ってきました。

s-IMG_1932_20171204104045de7.jpg
創建の詳細は不明です。履中(りちゅう)天皇の磐余稚桜宮跡(いわれわかざくらのみやあと)に祭祀された説もあります。

鳥居です。
s-IMG_1934_201712041040479d8.jpg
鳥居の奥には石段が続いています。

鳥居を入ってすぐ右手にある「若桜の井戸」です。
s-IMG_1944_20171204104057e3e.jpg
履中天皇が船遊びをしていると、杯に季節はずれの桜の花びらが舞い落ちたことから、宮名を磐余稚桜宮としたといわれています。この説話から桜の木を清水の出る泉のほとりに植え「桜の井戸」とし、桜井の地名になったとされています。

参道の途中、右手にある「磐余稚桜宮伝承地」の案内です。
s-IMG_1943_2017120410405663c.jpg

参道途中にある手水舎です。
s-IMG_1937.jpg

手水舎の奥にある参集所です。
s-IMG_1938_201712041040502f5.jpg

参道の石段を上がった右手にある祓戸(はらえど)殿です。
s-IMG_1942_20171204104054513.jpg
まずここで、罪穢れを祓ってから参拝します。

拝殿です。
s-IMG_1940.jpg
拝殿の奥に中門、さらに奥に2つの社殿が東西に並んでいます。東殿が若桜神社本殿で、祭神は伊波我加利命(いはがかりのみこと)です。西殿は高屋安倍神社で、大彦命(おおひこのみこと)をまつっています。

参道の石段を上がって左手には金毘羅大権現がまつられています。
s-IMG_1942_20171204104054513.jpg

<若桜神社(わかさくらじんじゃ)>奈良県桜井市谷字西浦344
JR・近鉄桜井駅から徒歩約8分

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)