FC2ブログ

聖林寺(しょうりんじ)

奈良県桜井市の聖林寺へ、行ってきました。

s-IMG_1826_20171126095017c1d.jpg
712年に多武峰妙楽寺(現・談山(たんざん)神社、桜井市)の別院として藤原鎌足の長子・定慧(じょうえ)により創建されたと伝えられています。写真は寺川に架かる聖林寺橋手前にある石標です。

山門です。
s-IMG_1833.jpg

山門を入って左手にある鐘楼です。
s-IMG_1840.jpg

本堂です。
s-IMG_1855.jpg
本尊は子安延命地蔵菩薩像です。江戸時代中期作の彩色の石造仏です。
本尊の写真はこちら → 聖林寺公式ページ 子安延命地蔵のページ

本堂の内部左手から観音堂へ向かう階段があります。
s-IMG_1847.jpg

階段を上ってさらに進むと左手に観音堂があります。
s-IMG_1845_201711260950233d2.jpg
内部には十一面観音像が安置されています。奈良時代末期作で国宝です。大神(おおみわ)神社(三輪明神、桜井市)の神宮寺の大御輪寺(だいごりんじ)の本尊でしたが、廃仏毀釈後に移管されたものです。十一面観音像の写真はこちら → 聖林寺公式ページ 十一面観音のページ

観音堂への階段から見た本堂(写真左)です。
s-IMG_1844.jpg

本堂前にある石造十三重塔です。
s-IMG_1852_2017112609502734d.jpg

本堂に向かって左手にある庫裏です。
s-IMG_1853.jpg

本堂から見た風景です。
s-IMG_1850.jpg
写真奥に見えるなだらかな山が三輪山です。

参道からは箸墓(はしはか)古墳も見ることができます。(写真中央奥)
s-IMG_1856.jpg
墳丘の全長は約280mで、第7代孝霊天皇の皇・倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)の墓となっていますが、卑弥呼の墓ではないかともいわれています。

<聖林寺(しょうりんじ)>奈良県桜井市下692
聖林寺 公式ページ
JR・近鉄桜井駅南口から桜井市コミュニティバス多武峯(とうのみね)線聖林寺前バス停下車徒歩約5分、JR・近鉄桜井駅南口から徒歩40分

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)