FC2ブログ

新熊野(いまくまの)神社 前編

京都市東山区の新熊野神社へ、行ってきました。

s-IMG_1980.jpg
1158年に退位し法住寺(ほうじゅうじ、東山区)で院政を敷いた後白河法皇が、1160年に鎮守社として平清盛・重盛に造営させ創建しています。熊野神社、熊野若王子神社(いずれも京都市左京区)とともに京都三熊野とよばれています。

鳥居を入って進むと右手に案内板があります。
s-IMG_1983.jpg
神と仏を一体としてとらえ、神と仏を区別なく拝む神仏習合の先駆けとなったのが熊野信仰だそうです。曼荼羅は熊野本宮八葉曼荼羅を基にしたもので、境内案内図と同じ内容が記載されています。

案内板から参道を進むと右手にある拝殿です。
s-IMG_1985_201711171024257f2.jpg

拝殿から見た本殿です。
s-IMG_1986.jpg
祭神は、熊野牟須美大神(くまのむすびのおおかみ=伊弉諾尊(いざなぎのみこと))です。

本殿手前脇には奉納された菰樽が。
s-IMG_1987_20171117102428e55.jpg
金鵄正宗(きんしまさむね)」(京都市伏見区)です。

境内には御神木の椥(なぎ)が随所に植えられています。
s-IMG_1990_201711171026261b2.jpg
中国の海南島や台湾に自生する植物で、熊野信仰の原点が黒潮に乗って渡来した大陸南部の人々の信仰であったことを示唆しているといわれています。

拝殿に向かって左手にある宝蔵です。
s-IMG_1994.jpg

拝殿に向かって左手奥にある上之社です。
s-IMG_1997.jpg

上之社に向かって右隣にある中之社です。
s-IMG_1995_2017111710243109d.jpg

後編に続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)