FC2ブログ

笠置寺(かさぎでら) その4

京都府相楽郡笠置町の笠置寺の続きです。

s-IMG_0264.jpg
二の丸跡にある石の建造物です。案内板などが無く確かではありませんが、戦前に建てられた国旗掲揚の基壇のようです。

二の丸跡の広場隅にある貝吹岩です。
s-IMG_0265_20170621101311de5.jpg
1331年の元弘の乱の際に、士気を高めるためこの岩の上で法螺貝(ほらがい)を吹いたことから名付けられています。

二の丸から進むと小さな摩崖仏があります。
s-IMG_0268.jpg

摩崖仏から進むと行在所跡への石段があります。
s-IMG_0269.jpg
1331年に後醍醐天皇が約1か月生活した場所です。その後、捕らえられ隠岐へ流されてしまいます。以前は石段の上へあがれたのですが、現在は結界がされています。

修行場を一回りした場所にある大師堂です。
s-IMG_0271.jpg
1897年建築で、当初の正月堂があった場所です。大師堂から石段を下りると、修行場入口、椿本護王宮に戻ります。

椿本護王宮から修行場入口への道と反対側に進むと毘沙門堂に着きます。
s-IMG_0274_20170621101317061.jpg

毘沙門堂近くに鳥居があり石段が続きます。
s-IMG_0276_20170621101318864.jpg

石段を上がって進むと稲荷社があります。
s-IMG_0279_20170621101320813.jpg

毘沙門堂近くにある祠です。
s-IMG_0280_201706211013214a6.jpg
地蔵堂かと思われます。(未確認)

祠の後方にある舎利殿です。
s-IMG_0282_20170621101323d92.jpg
1974年建築です。

<笠置寺(かさぎでら)>京都府相楽郡笠置町笠置山29
笠置寺 公式ページ 笠置寺 facebook
JR笠置駅から徒歩約45分

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)