FC2ブログ

浄瑠璃寺(じょうるりじ)

京都市木津川市の浄瑠璃寺へ、行ってきました。

s-IMG_0036_20170615103151253.jpg
1047年に義明上人(ぎみょうしょうにん)を開基として創建しています。9体の阿弥陀仏があることから九体寺(くたいじ)ともよばれています。

参道を進むと山門に着きます。
s-IMG_0034_20170615103149816.jpg

山門を入って左手にある鐘楼です。
s-IMG_0027_20170615103148180.jpg

山門を入って右手にある灌頂堂(かんじょうどう)です。
s-IMG_0039_20170615110315b02.jpg
鎌倉時代作の大日如来像などが安置されていますが、秘仏で毎年1/8~1/10のみ公開されています。

さらに進むと本堂が見えてきます。
s-IMG_0014_2017061510314581d.jpg
1107年建築で国宝です。堂内に西の本尊として九体阿弥陀如来像(藤原時代作、国宝)がまつられていることから九体阿弥陀堂ともいわれています。また吉祥天女像(鎌倉時代作、重要文化財)が厨子に入って安置されていますが、秘仏で毎年1/1~1/15、3/21~5/20、10/1~11/30に開扉されます。

本堂正面は池を中心とした庭園になっています。
s-IMG_0017_2017061510314612f.jpg
1150年に興福寺(奈良市)の僧・恵心(えしん)が掘ったもので、対岸(東)に三重塔があります。

池の中央の小島に弁財天堂があります。
s-IMG_0015_201706151132147de.jpg

本堂に向かって左手奥にある石仏です。
s-IMG_0012_2017061511321384a.jpg

本堂から池の対岸にある三重塔です。
s-IMG_0021_2017061511321645b.jpg
1178年に京都の一条大宮(寺の詳細は不明)から移建されたもので国宝です。塔内に東の本尊として薬師如来像(藤原時代作、重要文化財)が安置されていますが、秘仏で毎月8日、彼岸の中日、1/1~1/3、1/8~1/10の好天時に限って開扉されています。

三重塔から見た本堂です。
s-IMG_0022_20170615113217503.jpg
三重塔前と本堂前にある石燈籠は南北朝時代作で重要文化財です。

池の周りを歩いていて出くわした巳さま(蛇)です。
s-IMG_0032_20170615113219507.jpg

<浄瑠璃寺(じょうるりじ)>京都府木津川市加茂町西小札場40
JR加茂駅から木津川市コミュニティバス加茂山の家行き浄瑠璃寺前バス停下車すぐ、JR奈良駅または近鉄奈良駅から奈良交通バス浄瑠璃寺行き浄瑠璃寺バス停下車すぐ

今は何位かな? 押してみてね!


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)