FC2ブログ

泉勇之介商店 窮地!!

神戸市東灘区の泉勇之介商店に行ってきました。

阪神石屋川駅から徒歩10分位で着きます。
P7040001_convert_20130705063534.jpg
江戸末期の酒蔵を購入し、1882年に創業です。

案内の看板です。
P7040002_convert_20130705063608.jpg

阪神・淡路大震災を乗り越え、灘で唯一、木造酒蔵が残っています。
P7040004_convert_20130705063632.jpg

先日、「本社・酒蔵が競売にかけられ、不動産業者が落札」という衝撃のニュースが・・。
P7040071_convert_20130705070531.jpg

どうしても気になって、訪問した次第です・・。
P7040009_convert_20130705063659.jpg
玄関が開いていました。

玄関を入ると、右手に事務所があり、酒の販売をしています。(クリックで拡大可)
P7040057_convert_20130705063829.jpg P7040013_convert_20130705063922.jpg

蔵の中を見学させていただけることに。
P7040055_convert_20130705064130.jpg

蔵の入口にある井戸です。(クリックで拡大可)
P7040017_convert_20130705064255.jpg P7040014_convert_20130705064210.jpg

道具がきれいに片づけられています。
P7040034_convert_20130705065018.jpg

瓶詰された酒が並んでいます。
P7040023_convert_20130705064831.jpg

蔵の奥には、タンクが並んでいます。40本くらいあるそうです。
P7040026_convert_20130705064918.jpg

今月(2013年7月)いっぱいで、蔵を明け渡すことになっているそうです。
P7040048_convert_20130705065801.jpg
この風景ももう見られなくなってしまうのでしょうか・・。

2階部分に登って、見させていただけました。
P7040045_convert_20130705065653.jpg

P7040044_convert_20130705065602.jpg
タンクは処分しないといけないので、引き取り手を探しているそうです。

立派な梁が何本も見えます。貴重な文化財だと思うのですが・・。
P7040043_convert_20130705065231.jpg
「小学生に酒造りを見学させてあげることができなくなることが、とても残念だ」と話されていました。

試飲もさせていただきました。
P7040018_convert_20130705070008.jpg
写真左から
灘泉 本醸造 しぼりたて生原酒
<データー>本醸造生原酒、精米歩合60%、アルコール分19~20度
灘泉 本醸造
<データー>本醸造酒、精米歩合60%、アルコール分15~16度
灘泉 純米
<データー>純米酒、精米歩合60%、アルコール分15~16度
神戸の風 純米吟醸
<データー>純米吟醸酒、精米歩合50%、アルコール分15~16度

今冬の酒造りは、未定だそうですが、近くの蔵でさせてもらうようにお願いしているとか。
P7040022_convert_20130705064712.jpg

蔵の向かい側にある倉庫で、営業は続けるそうです。
P7040058_convert_20130705070214.jpg

この風景を残すことはできないのでしょうか?
P7040069_convert_20130705070429.jpg

P7040070_convert_20130705070608.jpg

保存の署名活動が、神戸市立御影公会堂ロビーで行われています。
P7040094_convert_20130705110007.jpg

P7040095_convert_20130705110046.jpg
問い合わせ先:御影地区まちづくり協議会 電話078-811-3510

<泉勇之介商店>神戸市東灘区御影塚町1-2-7
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)