FC2ブログ

平安女学院大学有栖館(有栖川宮旧邸)春の特別公開 前編

京都市上京区の平安女学院大学有栖館(有栖川宮旧邸)で春の特別公開があり、行ってきました。

s-IMG_1640.jpg
有栖川宮(ありすがわのみや)は、後陽成(ごようぜい)天皇の第7皇子・好仁(よしひ)親王により1625年に創設され、1923年威仁(たけひと)親王の妃・慰子(やすこ)親王妃が薨去(こうきょ)によって断絶するまで約300年存在した宮家です。

入口の青天門です。
s-IMG_1682.jpg
1912年に三井一族の総長・三井高保氏が邸宅の表門として新築し、その後、別の場所に移築したものを京都地方裁判所が購入し、1952年に裁判所長官舎表門として現在地に移築したものです。

門を入ると前庭があります。
s-IMG_1693.jpg
有栖館内の庭園は、2009年に11代目小川治兵衛により作庭されています。

門を入って右手には、2本の大きなしだれ桜が。
s-IMG_1686.jpg
豊臣秀吉が醍醐の花見を行った醍醐寺(京都市伏見区)の桜を1952年に移植したとの元所長の手記があり、DNA解析したところ子孫と確認されています。

玄関です。
s-IMG_1687.jpg
2007年まで裁判所所長宿舎として使用されていたものを、2008年に平安女学院大学が取得しています。

玄関を入ってすぐの座敷(玄関の間)です。
s-IMG_1727.jpg

玄関の間から左手(南)に進むと板間があります。
s-IMG_1695.jpg
畳のひかれている場所は鞘の間とよばれています。元は廊下だったようです。

板間は能舞台とよばれ15畳あります。
s-IMG_1697.jpg
床下には甕(かめ)が置かれて音が反響するようになっているそうです。板間は接合面をV字型にした寄木で、矢筈(やはず)というそうです。

後編に続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)