FC2ブログ

長龍(ちょうりょう)酒造 2017年度 露葉風(つゆばかぜ)を楽しむ会~利き酒編~ その1

大阪府八尾市の「あじ処 なる 八尾店」で「長龍酒造 露葉風を楽しむ会~利き酒編~」が開催され、行ってきました。

s-P1130108.jpg
長龍酒造は、1923年に飯田酒造場(奈良県天理市、現飯田本店)より独立し八尾に酒の小売店を開業、1963年に長龍酒造を設立しています。代表銘柄は「長龍(ちょうりょう)」・「ふた穂(ふたほ)」・「稲の国の稲の酒」です。「あじ処 なる」は長龍酒造を含む飯田グループが運営しています。

今回のお品書きです。(クリックで拡大できます)
s-P3030018.jpg
露葉風は奈良県だけで栽培されている酒造好米で、長龍酒造は2002年から委託栽培を行っています。「露葉風を楽しむ会」は露葉風や日本酒ファンを増やす目的で2004年に結成され、利き酒編のほかに田植え編・稲刈り編があります。

テーブルには乾杯酒が!
s-P1130016.jpg

乾杯酒のボトルはコレ。(写真中央)
s-s-P1130027.jpg
稲の国の稲の酒 特別純米酒 無濾過生原酒 2017年醸造
<データー>特別純米生原酒、露葉風、精米歩合65%、アルコール分18~19度

乾杯のあとは、薫酒(くんしゅ)の酒を。
s-P1130035.jpg
薫酒は香りの高いタイプの酒。蔵の方から酒の説明があるので、特徴がよくわかります。

薫酒の1本目。
s-P1130018.jpg
長龍 四季咲(しきざき)半夏生(はんげしょう)純米吟醸生原酒 露葉風
<データー>純米吟醸生原酒、露葉風、精米歩合55%、アルコール分16~17度

薫酒の2本目。今回は雄町との飲み比べという企画。
s-P1130020.jpg
長龍 四季咲 桃始笑(とうししょう)純米吟醸生原酒 雄町
<データー>純米吟醸生原酒、雄町、精米歩合55%、アルコール分16~17度

薫酒の3本目。燗酒でいただきます。(写真左)
s-P1130025.jpg
稲の国の稲の酒 純米大吟醸 無濾過原酒 2014年醸造
<データー>純米大吟醸原酒、露葉風、精米歩合50%、アルコール分16~17度

薫酒に合わせた料理として「海老と帆立のサラダ」
s-P1130031.jpg

「白身と春菊のちり蒸し」
s-P1130032.jpg

その2に続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)