FC2ブログ

伊勢神宮125社めぐり (21)

「伊勢神宮125社めぐり」の続きです。

御塩浜から自転車で20分位走ると、外宮摂社の御食(みけ)神社に着きます。
P5240981_convert_20130626205232.jpg
堀に囲まれた中に神社があります。

手水鉢は、舟をかたどっています。
P5240982_convert_20130626205320.jpg
この辺りは海の玄関口として、各地から神宮へ納められる品々が届きました。

御食神社です。二重の玉垣の中に社があります。
P5240984_convert_20130626205429.jpg
祭神は、港口から御料を調進する御饌(みけ)の神・水戸御饗都神(みなとのみけつかみ)です。

<御食神社(みけじんじゃ)>三重県伊勢市神社港

神社(かみやしろ)港から船参宮ルートが体験できる和船「みずき」が就航しています。
P1100833_convert_20130626230103.jpg
後方に見える橋は、一色大橋です。

勢田川の河口付近です。中洲の奥は五十鈴川です。
P5240996_convert_20130626205631.jpg
自転車で15分ほど走ります。

大湊橋の向こうに、こんもりとした森が見えます。
P5241007_convert_20130626210115.jpg

外宮末社の志宝屋(しおや)神社に到着です。
P5241000_convert_20130626205822.jpg

祭神は、塩業、海路守護の神・塩土老翁(しおつちのおじ)です。
P5241004_convert_20130626210008.jpg
かつてこの辺りは、製塩業が盛んで塩田が広がっていたそうです。

<志宝屋神社(しおやじんじゃ)>三重県伊勢市大湊町

少し遠回りですが、宮川の堤防を走ります。
P5241009_convert_20130626210234.jpg
五十鈴川・勢田川・宮川と伊勢湾に流れる川が集まっています。

山田奉行所記念館に寄り道します。書院やお白州などが復元されています。
P5241012_convert_20130626210348.jpg
大岡忠相も4年間ここで奉行を務めていたそうです。

山田奉行所から自転車で5分ほど走ると、外宮摂社の河原(かわら)神社に着きます。
P5241029_convert_20130626210459.jpg
外宮末社の毛理(もり)神社が同座です。

河原神社の祭神は、田地守護の神で宮川下流の守り神・川神(かわのかみ)です。
P5241028_convert_20130626210707.jpg
毛理神社の祭神は、森の神木の神・木神(きのかみ)です。

<河原神社(かわらじんじゃ)、毛理神社(もりじんじゃ)>三重県伊勢市御薗町新開

南へ10分ほど走ると船江上社(ふなえかみのやしろ)に着きます。
P5241033_convert_20130626210857.jpg
地元の氏神と並んで神宮の神が鎮座しています。

鳥居をくぐってすぐに、外宮摂社の河原淵(かわらぶち)神社があります。
P5241038_convert_20130626210939.jpg

祭神は、水の神・澤姫命(さわひめのみこと)です。
P5241041_convert_20130626211031.jpg

神社の前の池は、宮川の分流の名残りを示す朧ヶ池(おぼろがいけ)があります。
P5241048_convert_20130626211225.jpg

<河原淵神社(かわらぶちじんじゃ)>三重県伊勢市船江

宇治山田駅に向かいます。自転車はここまで。ゆうパックで送り、近鉄電車で志摩赤崎駅へ。
P5241064_convert_20130626213601.jpg
歩いて10分位で外宮末社の赤崎(あかさき)神社に着きます。

祭神は、荒崎姫命(あらさきひめのみこと)です。
P5241062_convert_20130626213709.jpg
豊受大神宮に奉納する御贄(みにえ)の海産物採取の守り神です。

<赤崎神社(あかさきじんじゃ)>三重県鳥羽市鳥羽

これで6社めぐり125社のうち119社。(残り6社です)

4日目の予定はこれで終了。最近人気のスポット・相差(おおさつ)の宿へ。
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)