FC2ブログ

伊勢神宮125社めぐり (16)

「伊勢神宮125社めぐり」の続きです。

朝熊神社から元の道を戻り掘割橋を渡ります。
P5230682_convert_20130619143447.jpg
自転車で5分ほど走ると、田んぼの一角に小さな森が。もしや・・。

内宮末社の加努弥(かぬみ)神社です。125社で社地が最も小さい社だそうです。
P5230676_convert_20130619143619.jpg
祭神は五穀の守護神・稲依比女命(いなよりひめのみこと)です。

<加努弥神社(かぬみじんじゃ)>三重県伊勢市鹿海町

国道23号線から皇学館大学をぬけ、自転車で20分ほど走ります。
P5230683_convert_20130619163622.jpg
内宮別宮の倭姫宮(やまとひめのみや)に到着です。

参道をすすみ、石段を登ります。
P5230695_convert_20130619163732.jpg

祭神は、神宮創建に功績のあった垂仁天皇の皇女・倭姫命(やまとひめのみこと)です。
P5230692_convert_20130619163827.jpg
神宮で一番新しく、1923年に鎮座されました

<倭姫宮(やまとひめのみや)>伊勢市楠部町

自転車で15分ほど走り、外宮(げぐう)に戻ります。
P5230703_convert_20130619164733.jpg
外宮宮域の高倉山の峠に社があります。

外宮摂社の度会大国玉比賣(わたらいおおくにたまひめ)神社です。
P5230706_convert_20130619164816.jpg
祭神は、度会地方の地主の神・大国玉命(おおくにたまのみこと)と 弥豆佐佐良比賣命(みずささらひめのみこと)です。

参道の奥の石段の上にも社があります。
P5230711_convert_20130619164926.jpg
外宮末社の伊我理(いがり)神社があり、外宮末社の井中(いなか)神社が同座です。

伊我理神社の祭神は、伊我利比女命(いがりひめのみこと)です。
P5230710_convert_20130619165007.jpg
名の由来は猪狩で、猪を狩り立てる猪狩りの女神です。

<度会大国玉比賣神社(わたらいおおくにたまひめじんじゃ)、伊我理神社(いがりじんじゃ)、井中神社(いなかじんじゃ)>外宮宮域
井中神社の祭神は、神田の井泉の神・井中神(いなかのかみ)。

外宮の森に沿って進むと、外宮摂社の山末(やまずえ)神社に着きます。
P5230712_convert_20130619165053.jpg

祭神は、大山津姫命(おおやまつひめのみこと)です。
P5230719_convert_20130619165206.jpg
外宮神田の山の神であり、神田を潤す泉の神です。

<山末神社(やまずえじんじゃ)>外宮宮域

外宮がら少し離れます。自転車で2分ほどで次の神社に着きます。
P5230720_convert_20130619165435.jpg
こんもりとした森の中にあります。

垣内に2社が並んでいます。鳥居に対して正面と横向きに社があります。
P5230730_convert_20130619171338.jpg
正面が、外宮摂社の田上大水(たのえおおみず)神社です。

横向きの社が、田上大水御前(たのえおおみずみまえ)神社です。
P5230728_convert_20130619171440.jpg

<田上大水神社(たのえおおみずじんじゃ)、田上大水御前神社(たのえおおみずみまえじんじゃ)>三重県伊勢市藤里町
田上大水神社の祭神は、外宮の世襲神主だった度会氏の祖・小事神主(おごとかんぬし)。田上大水御前神社の祭神は、小事神主の娘で斎王の手助けをしたという宮子(みやこ)です。

これで8社めぐり125社のうち90社。(残り35社です)
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)