FC2ブログ

丸岡城(まるおかじょう) 後編

福井県坂井市の丸岡城の続きです。

s-IMG_7363.jpg
天守2階部分です。1階部分の1/3の大きさで、1階部分を土台として建てられ1階部分との通し柱はありません。

またまた急な階段を上がると、3階部分(最上階)に到着。
s-IMG_7375.jpg
2階部分と同じ大きさです。中央の柱は、こちらも2階部分とはつながっていません。

3階部分には周りに欄干のある縁側があります。
s-IMG_7369.jpg

天守の屋根は石瓦です。
s-IMG_7359.jpg
福井県産の緑色凝灰岩(りょくしょくぎょうかいがん)・笏谷石(しゃくだにいし)を石工が加工した瓦で葺かれています。

鬼瓦も笏谷石の彫刻です。
s-IMG_7386.jpg
写真の鬼瓦は東側のもので、口をあいた阿形(あぎょう)です。(西側は口を閉じた吽形(うんぎょう))

天守登り口にある鯱(しゃち)です。
s-IMG_7352.jpg
もともとは木彫銅板張りでしたが、1940~1942年の修理の際に戦禍中で銅板の入手が困難だったため、石瓦と同じ材質で作りかえられましたが、1948年の福井大地震で落下、保存されています。(現在の鯱は1952~1955年の修理の際に、元の木彫銅板張りに復元されています)

天守の南東にある雲の井です。
s-IMG_7397.jpg
合戦の際に、この井戸から大蛇が現れ、霞を吹きかけて城を隠して危機を救ったといわれ、別名・霞ケ城の由来になっています。

天守登り口近くにある雲井龍神社です。
s-IMG_7390.jpg
有馬氏が城主の時に守神としてまつったそうですが、明治維新で荒廃、1965年に再興されたものです。

天守登り口近くにある「お静慰霊碑」です。
s-IMG_7349.jpg
天守造営の際に人柱になったお静を慰霊しています。

<丸岡城(まるおかじょう)>福井県坂井市丸岡町霞町1-59
坂井市丸岡観光協会 丸岡城特集のページ

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)