FC2ブログ

酒蔵訪問 田邊(たなべ)酒造

福井県吉田郡永平寺町の田邊酒造へ、行ってきました。

s-IMG_7478.jpg
1899年創業で、代表銘柄は「越前岬(えちぜんみさき)」です。福井の代表的な景勝地・越前岬を酒名にしています。

福福と描かれた暖簾がかかっています。
s-IMG_7479.jpg
越前岬 福福」という、その年にできた最高酒の醪(もろみ)を袋吊り中取りし、3年以上氷温庫で熟成した限定の大吟醸酒があります。(残念ながら、まだ飲んだことはありません・・)

玄関脇の出格子には「大本山永平寺御用達」の看板が。
s-IMG_7481.jpg
建物は1933年建築で、総欅(けやき)造りだそうです。

もちろん玄関先には杉玉も吊るされています。
s-IMG_7482.jpg
現当主の祖母が近くの黒龍酒造の水野家から嫁いできたそうで縁戚関係にあります。1944年の戦時下では配給米統制の影響で合併して酒を造っていたこともあるそうです。(1949年に分かれて醸造開始)

玄関を入ると土間で、右手が帳場になっています。
s-IMG_7488.jpg
田邊家は戦国時代、朝倉氏の家臣に始まり、江戸時代は福井藩松平家に仕え、明治初期に織物業、1899年に酒造業に転業しています。

帳場の一角は全国新酒鑑評会などの表彰状で一杯!
s-IMG_7487.jpg
飾り切れない表彰状は床に積み上げられています。

土間はショップになっています。
s-IMG_7492.jpg
蔵見学は1~3月中旬頃に事前予約すると見学が可能だそうです。

「試飲しますか?」 「喜んで!」
s-IMG_7491.jpg
写真左より
越前岬 純米吟醸 中取り生原酒
<データー>純米吟醸生原酒、五百万石、精米歩合50%、アルコール分17~18度
越前岬 純米酒
<データー>純米酒、五百万石、精米歩合60%、アルコール分16度
越前岬 純米吟醸 雫取り 福むすび
<データー>純米吟醸原酒、山田錦、精米歩合55%、アルコール分17度

続いて。
s-IMG_7490.jpg
写真左より
越前岬 シュラルクカイザー 純米酒 超辛口
<データー>純米酒、山田錦、精米歩合70%、アルコール分16度
越前岬 純米吟醸 十八号酵母
<データー>純米吟醸酒、五百万石、精米歩合55%、アルコール分16度

お土産。天然の梅酵母を使用したスパークリングタイプの日本酒。
s-IMG_7760.jpg
越前岬 プリュネスパークリング 純米
<データー>純米酒、五百万石、精米歩合70%、アルコール分11度

応対していただいた田邊邦明当主。ありがとうございます。
s-IMG_7496.jpg
「2月にまたおいで、しぼりたての大吟醸を飲ませてあげるよ!」 「必ずお伺いします!」

<田邊酒造(たなべしゅぞう)>福井県吉田郡永平寺町松岡芝原2-24
田邊酒造 公式ページ

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)