FC2ブログ

猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)

伊勢神宮、内宮近くの猿田彦神社に行ってきました。

P5230575_convert_20130614144648.jpg
天孫降臨の場面で、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)を高千穂へ案内した猿田彦大神(さるたひこおおかみ)をまつっています。

拝殿です。写真手前にあるのは「方位石」です。
P5230578_convert_20130613232957.jpg
猿田彦大神は、ものごとの最初に出現し、みちひらき(開運)の神として信仰を集めています。

八角の方位石は、方位除けの意味も持っているとの事です。
P5230577_convert_20130613232845.jpg
ちなみに鳥居や手水舎の柱も八角形でした。

境内にある「たから石」です。
P5230579_convert_20130613233118.jpg
舟形の石は宝船を連想させ縁起がいいものとされています。

佐瑠女(さるめ)神社です。祭神は、天宇受売命(あめのうずめのみこと)です。
P5230580_convert_20130613233154.jpg
天照大御神が天の岩窟に籠られた際、前で神楽を舞い大御神を誘い出しました。

境内には、菰樽があります。「白鷹」(兵庫県西宮市白鷹)です。
P5230581_convert_20130613233233.jpg
「白鷹」は神宮御料酒に選ばれています。

三重県の酒蔵の樽もあります。
P5230582_convert_20130613233307.jpg
「若戎」(三重県伊賀市若戎酒造)、「黒松翁」(三重県津市森本仙右衛門商店)、「初日」(三重県津市油正)、「鉾杉」(三重県多気郡多気町河武醸造)です。

御神田です。毎年5/5に豊作を祈る「御田祭(おみた)」が行われます。
P5230585_convert_20130613233425.jpg

<猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)>三重県伊勢市宇治浦田2-1-10
祭神は猿田彦大神とその子孫の大田命(おおたのみこと)です。大田命は倭姫命(やまとひめのみこと)に五十鈴の川上の地を献上し、神宮が創建された。
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)