FC2ブログ

興福寺(こうふくじ)五重塔・三重塔 国宝特別公開2016

奈良市の興福寺で五重塔・三重塔の特別公開があり、行ってきました。

s-IMG_8051.jpg
2016年10/10まで特別公開が行われています。2つの塔が同時に開扉されるのは初めてです。
興福寺については過去記事→  
2016年9/30までJTBが時間外特別拝観プランを企画しています。(一般の拝観料と同一で寺僧による案内付きです。受付は前日まで)詳細はこちら → JTB 興福寺時間外特別拝観のページ

五重塔です。
s-IMG_7772.jpg
1426年頃の再建で国宝です。高さ50.1mで木造の塔では東寺(京都市南区)の五重塔(1644年再建、国宝、54.8m)に次ぎ2番目の高さです。

初層の扉が開いています。
s-IMG_7781.jpg
特別公開は2010年の平城遷都1300年祭以来ではないかと。

至近距離からの五重塔です。(内部は撮影禁止)
s-IMG_7778.jpg
内陣は、東に薬師三尊像(薬師如来坐像・日光菩薩坐像・月光菩薩坐像)、西に阿弥陀三尊像(阿弥陀如来坐像・観音菩薩坐像・勢至(せいし)菩薩坐像)、南に釈迦三尊像(釈迦如来坐像・文殊菩薩坐像・普賢(ふげん)菩薩坐像)、北に弥勒三尊像(弥勒如来坐像・法苑林(ほうおんりん)菩薩坐像・大妙相(だいみょうそう)菩薩坐像)が安置されています。

三重塔です。
s-IMG_7766.jpg
1180年に焼失後まもなくの再建と考えられていて国宝です。毎年7/7に開扉されています。

三重塔内部の様子を紹介したパネルがあります。
s-IMG_7768.jpg
内部は千体仏が描かれ、東の須弥壇に弁財天坐像(写真左)と十五童子像が安置されています。弁財天坐像は弘法大師勧請の伝承があり、頭部に鳥居を載せ宇賀神と習合した姿をしています。

記念撮影用のパネルなども用意されています。
s-IMG_7774.jpg

三重塔近くに展示されているサハンド・ヘサミヤンさんの作品です。
s-IMG_7770.jpg
作品タイトルは「開花」で蓮の花をイメージしています。2016年10/23まで展示されています。

頂いた拝観券・栞などです。
s-IMG_8054.jpg
2016年10/17に南円堂、2016年10/22~11/13に北円堂が特別開扉されます。

<興福寺(こうふくじ)五重塔・三重塔 国宝特別公開2016>2016年8/26~10/10
興福寺 公式ページ

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)