FC2ブログ

大蓮寺(だいれんじ)

京都市左京区の大蓮寺へ、行ってきました。

s-IMG_6920.jpg
1600年に深誉(しんよ)上人が伏見の荒れた堂で阿弥陀如来像を見つけ、誰も守る人がいないことに心を痛め、現在の下京区に仏堂を建立したのが始まりと伝わっています。

山門を入ると境内にはたくさんの蓮が。
s-IMG_6922.jpg
40種類以上あり7月中旬~下旬が見ごろだそうです。

本堂です。
s-IMG_6924.jpg
本尊は、阿弥陀如来像です。元は真如堂(しんにょどう(真正極楽寺(しんしょうごくらくじ))、左京区)にあった像で、応仁の乱で真如堂が荒廃、行方知れずになっていました。やがて大蓮寺の阿弥陀如来像がかつての真如堂の本尊であったことが分かり返還するよう命じられます。深誉上人が21日間念仏を唱え続けたところ阿弥陀如来像が2体に分かれ、真如堂とともに1体ずつ安置することになったと伝えられています。安産にご利益があるといわれています。

本堂前に置かれている法勝寺(ほっしょうじ)の礎石です。
s-IMG_6925.jpg
平安時代から室町時代にかけて建てられた「勝」の字がつく6つの寺・六勝寺(ろくしょうじ)の1つで、1067年に白河天皇が創建しましたが、応仁の乱以降、六勝寺は廃絶しています。

山門脇に掲示されていたポスターです。
s-IMG_6927.jpg
明治から大正にかけての籏玄教(はたげんきょう)18世住職は、寺を訪れることができない妊婦のために安産のお札を届けるのために京都中を走り回っていたそうで「走り坊さん」と呼ばれていたそうです。今は、足腰のお守りに描かれています。

<大蓮寺(だいれんじ)>京都市左京区東山二条西入1筋目下ル457
大蓮字 公式ページ

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)