FC2ブログ

長谷寺(はせでら) その3

奈良県桜井市の長谷寺の続きです。

s-IMG_6417.jpg
繋屋(つなぎや)から続く登廊(のぼりろう、中登廊)です。1894年再建で重要文化財です。

中登廊を上がったところにある蔵王堂です。
s-IMG_6426.jpg
1650年再建で重要文化財です。吉野山(奈良県吉野郡吉野町)からこの辺りに虹がかかり、その上を蔵王権現が歩いて長谷寺まで来たことから尊像をまつっています。

蔵王堂の前に置かれている蔵王三鈷(ざおうさんこ)です。
s-IMG_6428.jpg
蔵王権現が右手に持つ三鈷杵(さんこしょ)という法具で、手を触れると七難即滅・七福即生(世の中の七つの大難が消滅し七つの福が生まれる)の御利益があるそうです。

蔵王堂のすぐそばにある縁結びの社です。
s-IMG_6420.jpg
諸国を行脚する西行法師とその妻であった尼僧が観音の導きによりこの場所で再開したことから建立されています。向かって左手に歌人・紀貫之が植えたと伝わる梅の木があり「紀貫之故里の梅(きのつらゆきふるさとのうめ)」とよばれています。

蔵王堂から、さらに登廊(上登廊)が続きます。
s-IMG_6431.jpg

登廊を上がっていくと右手に3社あります。
s-IMG_6433.jpg
写真左から馬頭夫人宮(めずぶにんぐう)、八幡宮、住吉宮です。馬頭婦人は容姿を気にした党の皇妃で、長谷寺を拝むことで美人になったお礼に牡丹を献納したことから、境内に牡丹がたくさん植えられているそうです。

登廊を上がっていくと左手にある三百余社(さんびゃくよしゃ)があります。
s-IMG_6438.jpg
1650年建立で重要文化財です。

登廊を上がりきると鐘楼があります。
s-IMG_6454.jpg
1650年再建で重要文化財です。

鐘楼から本堂へ続く繋廊(つなぎろう=屋根付き廊下)です。
s-P1050102.jpg
1650年再建で重要文化財です。

その4へ続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)