FC2ブログ

長谷寺(はせでら) その1

奈良県桜井市の長谷寺へ、行ってきました。

s-IMG_6373.jpg
創建の詳細は不明ですが、寺伝によると686年に道明上人(どうみょうしょうにん)が天武天皇のために「銅板法華説相図(どうばんほっけせっそうず)」を初瀬山(はつせやま)の西の丘に安置したことに始まるとされています。

石段を上がって右手にある総受付です。
s-IMG_6374.jpg
休憩所として使われていますが、山内の火事除けのため、秋葉権現がまつられています。

参道を進むと右手に塔頭・普門院があります。
s-IMG_6378.jpg
写真は普門院不動堂で、本尊の不動明王座像は平安時代作で重要文化財です。

不動堂に向かって左手にある小堂です。
s-IMG_6379.jpg

小堂にまつられている石仏です。
s-IMG_6381.jpg

さらに参道を進むと、拝観受付の手前に水盤があります。
s-IMG_6385.jpg
1358年の銘があり、湯槽だったと考えられています。

拝観受付の後方には仁王門があります。
s-IMG_6384.jpg
2015年11月~2017年3月の予定で保存修理が行われています。

以前に参拝した際に撮影した仁王門です。
s-P1050128.jpg
1894年再建で重要文化財です。「長谷寺」の額字は後陽成天皇の御宸筆(ごしんぴつ=天子の直筆)です。

仁王門からは登廊(のぼりろう=屋根付きの階段)が続きます。
s-IMG_6387.jpg
1039年に春日大社(奈良市)の中臣信清が子の病気平癒のお礼に造ったとされ、399段、上中下の3廊に分かれ、中・下は1894年再建です。重要文化財に指定されています。

登廊を少し上がると右手にある道明上人御廟塔です。
s-IMG_6392.jpg

その2に続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)