FC2ブログ

杭全(くまた)神社 その1

大阪市平野区の杭全神社へ、行ってきました。

IMG_5670_convert_20160714224245.jpg
領地を賜ってこの地に居を構えていた坂上広野麻呂(征夷大将軍・坂上田村麻呂の子)の子・坂上当道(とうどう)が862年に素盞嗚尊(すさのおのみこと)を勧請し、祇園社を創建したのが始まりと伝えられています。

鳥居をくぐって参道を進むと左手にある神田です。
IMG_5675_convert_20160714225734.jpg

神田に隣接して弁天池があり中に宇賀神社(弁天社)があります。
IMG_5678_convert_20160714225835.jpg

弁天池の横に細い参道があります。
IMG_5680_convert_20160715100212.jpg

細い参道の奥には天満宮拝所があります。
IMG_5683_convert_20160715100131.jpg
天満宮社は本殿を囲む瑞垣の奥にあるため、この拝所で参拝できるようにしています。

参道を進むと注連縄がかけられた注連石(しめいし)があります。
IMG_5687_convert_20160714230141.jpg

注連縄をくぐって左手にあるご神木です。
IMG_5688_convert_20160714230223.jpg
樹齢1000年とされるクスノキです。

ご神木から少し参道を進むと右手にある伊勢神宮遥拝所です。
IMG_5691_convert_20160714230525.jpg

伊勢神宮遥拝所の近くにある平野環濠跡の石碑です。
IMG_5690_convert_20160714230356.jpg
1763年作成の摂州平野大絵図に描かれた杭全神社は、環濠により聖域として完全に独立しているそうです。

その2に続きます。

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)