FC2ブログ

大安寺(だいあんじ)

奈良市の大安寺へ、行ってきました。

IMG_4399_convert_20160602154910.jpg
聖徳太子が創建した熊凝精舎(くまごりしょうじゃ)が始まりと伝えられています。その後、百済大寺(くだらのおおてら)、高市(たけち)大寺、大官大寺(だいかんだいじ)と名称をかえ、平城京遷都に伴い716年に現在地付近に移転、745年に大安寺となっています。写真は旧南大門の復元基壇に建てられた南門です。

南門を入って右手に進むと南大門跡の石碑があります。
IMG_4419_convert_20160602155759.jpg

南門を入って正面にある中門跡の石碑です。
IMG_4418_convert_20160602155701.jpg
南都七大寺の一つで東大寺・西大寺と並んで南大寺(なんだいじ)とよばれるほど壮大な伽藍があったようです。

南門を入って左手に進むと本堂があります。
IMG_4397_convert_20160602163207.jpg
明治時代の建築です。本尊は、十一面観音立像(奈良時代作、重要文化財)です。秘仏で毎年10/1~11/30に公開されます。

本堂に向かって左手奥にある小子房です。
IMG_4386_convert_20160602160719.jpg
1996年建築です。写経道場になっています。

小子房に向かって右隣りにある嘶堂(いななきどう)です。
IMG_4387_convert_20160602160821.jpg
1997年建築で、千手観音立像(伝・馬頭観音立像、奈良時代作、重要文化財)がまつられています。秘仏で毎年3/1~3/31に公開されます。

嘶堂に向かって右手にある護摩堂です。
IMG_4390_convert_20160602160914.jpg
2012年建築で、不動明王坐像がまつられています。完成に伴い本堂に向かって左手にあった江戸時代建築の旧護摩堂は解体されてしまいました。

護摩堂の前には奉納された菰樽が。
IMG_4391_convert_20160602160946.jpg
升平(しょうへい)」(奈良市八木酒造)です。

中門跡の北側にある讃仰殿(さんごうでん)です。
IMG_4416_convert_20160602155625.jpg
1963年建築の宝物殿で、不空羂索(ふくうけんじゃく)観音立像・楊柳(ようりゅう)観音立像(いずれも奈良時代作・重要文化財)などが安置されています。

南門を出て南に歩いて3分ほど進むと塔跡の石碑があります。
IMG_4466_convert_20160602163347.jpg
大安寺は「がん封じの寺」として名高く、毎年1/23に「笹酒祭り(光仁会)」が行われ、笹酒が振舞われます。詳細はこちら → 笹酒祭り 過去記事

<大安寺(だいあんじ)>奈良市大安寺2-18-1
大安寺 公式ページ

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)