FC2ブログ

伊勢神宮125社めぐり (2)

「伊勢神宮125社めぐり」の続きです。

神麻続機殿神社から自転車で10分少し走ると、それらしき森が見えてきました。
P5210034_convert_20130530080537.jpg

到着です。
P5210037_convert_20130530080647.jpg

鳥居の正面は八尋殿(やひろでん)です。
P5210040_convert_20130530080815.jpg
最初に行った神麻続機殿神社と同じような感じです。ここでは絹布が織られます。

神服織機殿(かんはとりはたどの)神社です。
P5210042_convert_20130530081029.jpg
祭神は神服織機殿鎮守神(かんはとりはたどののまもりのかみ)です。

境内に神服織機殿神社末社八所が鎮まっています。
P5210049_convert_20130530081217.jpg
神服織機殿神社の近くに2社。

反対側に4社。写真奥の1社だけ向きが違います。
P5210050_convert_20130530081257.jpg
残りの2社は、神服織機殿神社の御垣内の中です。

八尋殿です。
P5210041_convert_20130530080912.jpg

全体の写真です。写真左端の木の下に末社2社。写真右、鳥居の奥に末社4社。
P5210059_convert_20130530081413.jpg
中央が八尋殿、その左側が神服織機殿神社と御垣内の中に末社2社です。

ここで9社、合計18社。残り107社です。

<神服織機殿神社(かんはとりはたどのじんじゃ)及び末社八所>三重県松阪市大垣内町
9社とも内宮所管社、末社八所の祭神は神服織機殿鎮守御前神(かんはとりはたどののまもりのみまえのかみ)。

斎宮(さいくう)歴史博物館へ寄ります。
P5210075_convert_20130530085453.jpg
斎宮とは、伊勢神宮に仕えた斎王(いつきのひめみこ)の宮殿と官人たちの役所です。

斎王は天皇が即位するたびに、未婚の皇女や女王から占いで定められます。
P5210071_convert_20130530215503.jpg
崇神天皇の時代を起源として南北朝時代まで続きます。

博物館近くにある斎宮跡(史跡)です。
P5210078_convert_20130530215555.jpg

近鉄斎宮駅すぐには、1/10サイズの史跡復元模型があります。
P5210087_convert_20130530215807.jpg

<斎宮歴史博物館(さいくうれきしはくぶつかん)>三重県多気郡明和町竹川503
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)