FC2ブログ

酒蔵訪問 井坂(いさか)酒造場 後編

大阪府岸和田市の井坂酒造場の続きです。

IMG_2117_convert_20160404173740.jpg
製麹室(せいぎくしつ=麹室(こうじむろ))です。

製麹室の内部です。
IMG_2116_convert_20160404173703.jpg
ここで蒸米に種麹をふりかけ、米麹を造ります。

仕込み蔵です。
IMG_2122_convert_20160404173828.jpg
案内していただいた井坂佳嗣5代目当主です。丹波杜氏のもと酒を造っていましたが、杜氏に指導された息子さんが現在杜氏をしているそうです。(息子さん自身も丹波杜氏組合に所属しているそうです)

醪(もろみ)を搾る圧搾機(あっさくき)です。
IMG_2126_convert_20160404173929.jpg
醪を搾って酒と酒粕に分けます。

貯蔵タンク室です。
IMG_2128_convert_20160404165831.jpg
柱や梁(はり)などには柿渋(かきしぶ)が塗られています。天然の防菌防虫作用があるそうです。

火入れを行う蛇管(じゃかん)が置かれています。
IMG_2129_convert_20160404174256.jpg
搾った酒を、60~65℃位に保った蛇管の中にして急冷します。火落菌(ひおちきん)という味の劣化を招く乳酸菌の一種を殺菌したり酵素の働きを止めるため、通常は搾った後と出荷時の2度行います。(火入れを1度も行わないのが生酒、搾った後に1度だけ行うのが生詰酒(「ひやおろし」はコレ)・生のまま貯蔵し出荷時に1度だけ行うのが生貯蔵酒です。)

ショップに戻って試飲。
IMG_2096_convert_20160404171547.jpg
写真左より
三輪福(みわふく)純米大吟醸
<データー>純米大吟醸酒、山田錦、精米歩合45%、アルコール分15~16度
三輪福 純米酒
<データー>純米酒、精米歩合65%、アルコール分16~17度

引き続き。
IMG_2097_convert_20160404171801.jpg
写真左より
三輪福 新酒搾りたて
<データー>普通酒、アルコール分14~15度
三輪福 米の華 純米大吟醸
<データー>純米大吟醸酒、山田錦、精米歩合50%、アルコール分16~17度

もうちょっと。
IMG_2095_convert_20160404171453.jpg
三輪福 原酒
<データー>普通酒原酒、アルコール分18度
三輪福 葛葉井の淵(くずはいのふち)純米酒
<データー>純米酒、精米歩合65%、アルコール分16~17度

試飲してお土産に選んだ酒。
IMG_2187_convert_20160404172022.jpg
三輪福 にごり酒 生
<データー>普通酒原酒、アルコール分18度

<井坂酒造場(いさかしゅぞうじょう)>大阪府岸和田市稲葉町117

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)