FC2ブログ

灘の酒大学 神戸酒心館

2012年9月より灘の酒大学に入学し月1度の講義に通っています。
1月は神戸酒心館(神戸市東灘区)で「灘の酒とお料理の相性」というテーマで開催されました。
昨年のノーベル賞晩餐会で「福寿 純米吟醸」が提供され話題になった蔵です。

安福武之助社長のあいさつで始まりました。
P1150059_convert_20130208000313.jpg

酒ソムリエの湊本雅和事業部支配人が今回の講師です。
P1150061_convert_20130208001312.jpg
お酒を楽しむには、飲む順序があり、
・冷たいお酒から温かいお酒へ
・軽やかな味から重厚な味へ
・シンプルな味わいから複雑な味わいへ
・淡麗(辛口)な味わいからうまみのある味わいへ が基本だそうです。
お酒の温度によってもいろいろ楽しめるそうですが、燗酒するときは5℃から温めることが大切だそうです。(常温から温めるのではなく、冷やしたお酒から温める)また、温めすぎたので冷ましても味は変わらないそうです。(人肌燗にしようと思ったが熱燗になってしまったので冷ましても、ぬるくなった熱燗にしかならない)
など、興味ある講義内容でした。

講座が終わると、利き酒テストがあります!(これが目的?)
P1150066_convert_20130208000600.jpg
大吟醸 福寿(ふくじゅ)
<データー>大吟醸酒、山田錦100%、精米歩合50%、アルコール分15~16度

P1150065_convert_20130208000531.jpg
超特撰純米酒 福寿
<データー>純米酒、山田錦100%、精米歩合70%、アルコール分16~17度

P1150064_convert_20130208000459.jpg
生酛造り熟成純米酒 福寿
<データー>純米酒、精米歩合65%、アルコール分15~16度

P1150067_convert_20130208000631.jpg
米米酒(こめこめしゅ)
<データー>低アルコール酒、精米歩合70%、アルコール分6~7度

今回は分かりやすく満点でした!

実は・・、講義の始まる前に酒心館東明蔵のカウンターバーで一杯
P1150048_convert_20130208000938.jpg
純米大吟醸 福寿
<データー>純米大吟醸酒、精米歩合50%、アルコール分16度

毎回、お土産がいただけます。(なんてすばらしい大学なんでしょう!)
P1150210_convert_20130210133744.jpg
福寿 寒造り 原酒
<データー>原酒、精米歩合70%、アルコール分18~19度
関連記事

コメント

No title

 福寿は美味しいですね。大吟醸・・・、さぞやいいお味なんでしょうね。うらやましいっス!! 講義、頑張ってくださいね。 
 酒心館もよく行きますよ! ちなみに私、おいしいお酒とおいしいチョコの組み合わせが好きです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)