FC2ブログ

興禅寺(こうぜんじ)

兵庫県丹波市の興禅寺へ、行ってきました。

IMG_6362_convert_20160107004326.jpg
1626年に前身の誓願寺が移転し興禅寺となっています。戦国時代の山城・黒井城の下館があった地で、落城後の1579~1581年の3年間、明智光秀の重臣・斎藤利三が陣屋として居住しました。娘のお福(春日局)の生誕地といわれています。

惣門です。
IMG_6363_convert_20160108004048.jpg
1626年に黒井城の門材を使って建てたものといわれています。

惣門をくぐって参道を進むと楼門(山門)があります。
IMG_6368_convert_20160107004552.jpg
京都府宮津市の智源寺から移築されたものです。建築年代は不明です。

楼門手前には水濠があり、七間掘とよばれています。
IMG_6392_convert_20160107010402.jpg
内側に高さ約4.5mの高石垣があります。高石垣と水濠は黒井城の下館を再利用したと考えられています。

楼門に向かって右手には鎮守社があります。
IMG_6388_convert_20160107010258.jpg

楼門を入って右手にある鐘楼です。
IMG_6378_convert_20160107004926.jpg
1913年に改築されたもので、創建当時の形をそのまま忠実に再現したものです。

楼門を入って正面にある本堂です。
IMG_6375_convert_20160107004731.jpg
本尊は、釈迦如来像です。

本堂に向かって左手前にある「お福の腰かけ石」です。
IMG_6384_convert_20160107005326.jpg
お福が腰をかけて遊んだ石と伝えられています。

楼門を入って左手にある禅堂です。
IMG_6376_convert_20160107004820.jpg

本堂に向かって左手にある庭園です。
IMG_6381_convert_20160107005049.jpg

庭園に面してある客殿です。
IMG_6382_convert_20160107010512.jpg

客殿の左手にある指月殿(経蔵)です。
IMG_6385_convert_20160107005436.jpg

指月殿の脇を進むと「お福産湯の井戸」があります。
IMG_6386(1)_convert_20160107010122.jpg
深さ約1.7mで、お福が生まれたときに、この井戸の水を汲んで産湯に使ったと伝えられています。

<興禅寺(こうぜんじ)>兵庫県丹波市春日町黒井2263

今は何位かな? 押してみてね!

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)