FC2ブログ

酒蔵訪問 大石酒造(おおいししゅぞう)

京都府亀岡市の大石酒造へ行ってきました。

P5090249_convert_20130511111950.jpg
創業は元禄年間(1700年頃)、代表銘柄は「翁鶴(おきなづる)」です。

製造は亀岡市の北、南丹市八木に移転し、ここでは瓶詰だけをしています。
P5090255_convert_20130511112412.jpg
蔵を改装し「酒の館」を開設しています。

1階は半分が瓶詰工場で半分がショップになっています。
P5090256_convert_20130511113222.jpg

2階は酒造り資料館になっています。
P5090269_convert_20130511112946.jpg P5090269.jpg
「見たことがあるようなマネキンだなあと」思っていたら、「探偵!ナイトスクープ」に出演したそうです。そういえば、イケメンのマネキンに恋をして、結婚式を挙げていたような話が・・。

試飲しますか? 喜んで!
P5090258_convert_20130511125615.jpg
写真左から、
酒伝(しゅでん)鬼ころし
<データー>本醸造原酒、精米歩合70%、アルコール分19~20度
美山てんごり 生酛 本醸造
<データー>本醸造酒、精米歩合70%、アルコール分16~17度
保津川涼風の酒
<データー>普通酒、アルコール分15~16度

まだ、飲みたそうにしていると、追加で出してくれました。
P5090264_convert_20130511125826.jpg
写真左から、
翁鶴 生酛純米酒
<データー>純米酒、精米歩合65%、アルコール分15~16度
翁鶴 純米大吟醸
<データー>純米大吟醸酒、精米歩合40%、アルコール分16~17度

隣には「酒喜庵」というお休み処があります。
P5090273_convert_20130511130228.jpg

精米所を、改装したそうです。写真右の黒い機械が精米機です。
P5090275_convert_20130511130345.jpg
喫茶コーナーと、漬物やグッズを販売するコーナーがあります。

さすが酒蔵!喫茶ですが、日本酒も飲めます。
P5090274_convert_20130511130434.jpg
翁鶴 山廃純米
<データー>純米酒、精米歩合65%、アルコール分15~16度

本蔵(旧仕込蔵)を案内していただけることに。
P5090277_convert_20130511141006.jpg
こちらも、展示室とショップになっています。

釜場です。
P5090287_convert_20130511141709.jpg

有料で試し飲みができます。案内の方が笑顔で誘ってくれます!
P5090298_convert_20130511142450.jpg
純米大吟醸が200円、秘蔵酒が150円、どぶろくが100円! これは飲まねば!

あっという間に「翁鶴 純米大吟醸」を飲み干し、次にこれ。
P5090293_convert_20130511141931.jpg
秘蔵酒 5年熟成」 <データー>不明

調子が出てきました。
P5090294_convert_20130511142046.jpg
たる酒」 <データー>不明

エンジン全開!
P5090295_convert_20130511142120.jpg
どぶろく 太郎兵衛」 太郎兵衛は創業者・大石太郎兵衛から。
<データー>どぶろく、アルコール分17~18度

結局、純米大吟醸を2回飲んで、750円!安い!
「黒米酒」も飲めばよかった・・。(実は「黒豆酒と」思い込んでいました・・)

JR亀岡駅前にもショップがあります。こちらでも試飲・販売しています。
P5090306_convert_20130511142523.jpg

<大石酒造(おおいししゅぞう)>京都府亀岡市薭田野町佐伯垣内亦13
大石酒造公式ページ
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)