FC2ブログ

宝山寺(ほうざんじ)

奈良県生駒市の宝山寺(正式には寶山寺)へ行ってきました。

近鉄生駒駅からケーブルが便利ですが、がんばって歩いて登ります。
P5050006_convert_20130508134919.jpg
神仏習合で鳥居があります。商売の神として信仰を集めています。

4~5段の石段が延々と! 郵便や宅配便の配達はきっと大変だと思います・・。
P5050007_convert_20130508135046.jpg

登ること15分位、ようやく見えてきました。
P5050011_convert_20130508135133.jpg
この鳥居は、麓の生駒駅の近くにあったものを、駅前再開発で移築したそうです。
ケーブルの鳥居前駅は、この鳥居のことだったんですね。

惣門です。
P5050013_convert_20130508135207.jpg

さすが「商売の神」、多大なご利益があったのでしょう。高額なお布施が!
P5050018_convert_20130508135355.jpg

本堂です。1688年建立です。
本尊は1680年湛海(たんかい)律師作不動明王像(重要文化財)です。
P5050023_convert_20130508135520.jpg
写真右下に見える祠は天神で、いたるところで神仏習合しています。

本堂のすぐ横にも鳥居があります。
P5050024_convert_20130508135540.jpg

本殿の隣にある聖天堂拝殿です。棟や破風の数が多い「八つ棟造り」という様式です。
P5050031_convert_20130508135705.jpg
歓喜天が祀られ、「生駒の聖天さん」といわれていますが秘仏です。

5/1~5/10の大般若会式の時と毎月16日のみ内陣に参拝できます。
P5050030_convert_20130508135832.jpg
1701年湛海律師作の五大明王像(重要文化財)を見ることができます。

役行者(えんのぎょうじゃ)が般若経を納めたと伝えられる般若窟です。
P5050032_convert_20130508141319.jpg
危険なため、立ち入り禁止になっています。

多宝塔です。この日は、扉が開いていて中を見ることができました。
P5050043_convert_20130508172127.jpg
1957年建立です。

奥ノ院へ向かいます。
P5050065_convert_20130508141004.jpg

奥ノ院本堂です。1856年再建です。
P5050051_convert_20130508140513.jpg
奥ノ院には、開山堂や開山廟、大黒堂などがあります。

大黒堂から見た生駒市街です。
P5050060_convert_20130508140911.jpg

開山堂の裏をさらに登ると、福徳神社があります。
P5050057_convert_20130508140749.jpg

この後は、特別公開の「宝山寺獅子閣(重要文化財)」を見に行きます。(後日報告)

<宝山寺(ほうざんじ)>奈良県生駒市門前町1-1
1678年湛海律師が開く。元は都史陀山大聖無動寺(としたざんだいしょうむどうじ)と号したが、宝山寺と書かれた弘法大師の真蹟が見いだされ、寺号を改める。
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)